清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
泣ける曲。「あすという日が」
昨日放送された「NHK歌謡コンサート」で、
夏川りみさんが「あすという日が」という曲を歌っているのを、
偶然、耳にして、
その曲の素晴らしさに、感動しました。

それは、こんな曲でした。


あすという日が

作詞 山本 瓔子  作曲 八木澤 教司

大空を 見上げて ごらん
あの 枝を 見上げて ごらん
青空に 手をのばす 細い枝
大きな 木の実を ささえてる
いま 生きて いること
いっしょうけんめい 生きること
なんて なんて すばらしい
あすと いう日が あるかぎり
しあわせを 信じて
あすと いう日が あるかぎり
しあわせを 信じて

あの道を 見つめて ごらん
あの草を 見つめて ごらん
ふまれても なおのびる 道の草
ふまれた あとから 芽ぶいてる
いま 生きて いること
いっしょうけんめい 生きること
なんて なんて すばらしい
あすと いう日が くるかぎり
自分を 信じて
あすと いう日が くるかぎり
自分を 信じて


この曲は、震災で被災した中学生が
合唱コンクールで歌うはずだった曲で、
避難所となった自校の体育館で
被災者の前で歌った曲だそうです。


泣けるなぁ~。

これこそSong for Japanにふさわしい曲。

澄んだ歌声。
こういう曲を歌えてこそ歌手。

今年の紅白は、この曲で決まりだ!



 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 





スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。