清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おちょぼさん
4日は、友人に千代保稲荷神社へ参拝に連れて行ってもらった。
通称「おちょぼさん」。
商売繁盛・家内安全にご利益があり、
京都の伏見稲荷、愛知の豊川稲荷とともに、
日本三大稲荷の一つと言われています。

家からそれほと遠くないのに、何を隠そう、
私は今まで、おちょぼさんに行ったことがありませんでした。
毎月1日の月並祭の様子が、よくテレビに取り上げられ、
以前から一度行ってみたいと思っていたのでした。

河川敷をぶっ飛ばして行ったので、家から一時間ちょっとで到着。
門前町には約100件の店が軒を連ねます。

千代保稲荷5

屋台まで出て、すごい人混み。
正月だけあって、熊手や福俵などの縁起物も山積みです。

千代保稲荷4

おちょぼさんの参拝はまず社殿の入口で、
藁に通された三角の油揚げとろうそくのセットを購入し、
それを持って石段を登ります。

まず、お燈明場でろうそくに火を灯し、お祈りします。

千代保稲荷3

次に精霊殿に進み、お稲荷さんの好物の油揚げを供えて、
お賽銭を入れ、お願いごとをします。

千代保稲荷2

正月だけあって、ものすごい油揚げの量です。
ろうそくを刺す場所も、既にいっぱいで、
火を付けただけといった感じでした。

人大杉!

私もその中の一人です。
仕方ありませんね。

 千代保稲荷1


他の参拝客の後について境内を一周してお参り終了。

思っていたよりも、かなり小さな神社でした。
こんな小さな神社に、こんなに大勢の人々がお参りに来るなんて...
資料によると年間約250万人が参拝しているそうです。
ちょっと信じられませんが、
それだけ、御利益があるということなんでしょうね。

ふーっ。でも、すごい人混でした。
友人に言わせると正月の三が日は
入場規制になるぐらいスゴイらしいです。
庶民はこれだから困っちゃいますね。

さて、次は、いよいよメインイベントの
門前町での食べ歩きです。

続く




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ      
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 






スポンサーサイト

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル:地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。