清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギネスの缶ビールは異物混入!

酒をあまり飲まない友人から缶ビールを数本頂いた。
私はアルコールなら何でも良いので、大歓迎である。
頂いたビールは国産のビールがほとんどだったが、
その中にギネスビールが一本入っていた。
私は国産ビールの味に慣れてしまっているので、外国のビールはあまり好きではない。
しかし、黒ビールを飲むのは久しぶりなので、まずギネスビールから飲んでみた。
あ~この味。思い出した。
美味いけど、やっぱり、私はキリン・ラガーの方が好きかな。

ギネスビール1

一気に飲んで、缶をテーブルに置くと、缶の中から音がした。
あれ、おかしいな?まさかビールが凍っていたのかな?
しかし、冷凍した記憶は無いし...。
缶の中を覗くとウズラの卵大の白い固まりが入っている。
げっ、何だコレ!
異物混入の不良品じゃないか!大変だ!
私はその固まりを取り出そうとしたが、飲み口よりも固まりの方が大きいので取り出すことは出来ない。
缶を振ると、カランカランと音をたてた。
と、ふと振っていた缶を見ると何か書いてある。

ギネスビール2

知らなかった!
大きな勘違いだった。この固まりはフローティング・ウィジェットというもので。クリーミィな泡を作り出す物体なのでした。
へぇ~。いろいろと考えるものだ。
読むと、
良く冷やして大きめのグラスにゆっくりと注いでお楽しみ下さい。
と、しっかり書いてあった。
しまった!
そんな事ならグラスに注いで飲めばよかった。缶のまま、一気に飲んでしまったではないか。もったいない事をした。

面白そうだったから缶を分解して、中の玉を取り出してみた。
玉にはよく見ると小さな穴が開いていた。
開封されたときにこの穴から封入されたガスが放出され、それによって微細な泡を発生させる仕組みになっているらしい。

フローティング・ウィジェット

ふーん。
しかし、こんな玉がアルミ缶の中に入っていたら、資源ゴミで出すときに面倒くさいじゃないか。
缶には、このままリサイクルできます。
と書いてあったが、本当かな?
まぁ、何にしろ新しい発見があって面白かったです。
今度ギネスビールを飲むときは、ちゃんとグラスに注いで飲んでみることにしよう。


 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。