清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「殺戮にいたる病」 我孫子武丸
殺戮にいたる病
我孫子武丸 1992年作

殺戮にいたる病


正直言って、この本はお薦めできません。

グロいです。かなり悪趣味です。
読まない方が良いと思います。
異常性犯罪者の話です。

一方、エログロに期待している人には、
自信をもってお薦めします。
異常な世界が見事に表現されています。
かなり狂っています。

どんでん返しには、唖然としました。
頭の悪い私には、
何が何だか分かりませんでした。
しかし、あまりにもグロくて
二度読み返す気力は、まだ、おきません。

でも、でも、
こんな事を書きながら、
私は、この手の小説が大好きなのです。
この小説は、ある意味、
傑作かもしれません。
とにかく、
著者の技量に脱帽です。


よい子は決して、読まないで下さい!



★★★★☆



 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 


スポンサーサイト

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。