清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「白い家の殺人」 歌野晶午
「白い家の殺人」
歌野晶午 1989年作

白い家の殺人


ミステリーでは定番の雪に閉ざされた別荘が舞台です。
良い雰囲気のミステリーですが、
トリックには少々無理があったような気がします。

気がしますと書いたのは、
実は、この本を読んだのは二ヶ月以上も前の事なので、
本の内容を忘れてしまったのです。

ゾロアスター教が出てきたのは覚えています。
探偵役の信濃が、かなり遅くに登場する展開がニクイです。
そんなところかな。

これではレビューになりませんね。
スミマセン。




★★★☆☆




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ      
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 


スポンサーサイト

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。