清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「月に囚われた男」
月に囚われた男
原題:MOON
監督:ダンカン・ジョーンズ
2009年 イギリス映画

月に囚われた男


未来の地球では、現在行われている原子力発電に変わって、
核融合をエネルギー源としていましたが、
地球上では資源が枯渇してしまい、それを月から得ていました。
主人公は大企業に雇われ、
たった一人で、3年間も月面基地に止まり、
ヘリウム採掘に従事する男。サム・ベル。
サムの話し相手は人工知能を持ったロボット(ガーティ)が
一台あるだけだ。
唯一の慰めだったTV電話での妻との会話も、
衛星事故により交信不能となってしまった。
愛する家族のことを想い、過去のテープを何度も再生し、
孤独と闘いながら任期終了を待つサム。
そして、任務終了まであと2週間と迫ったとき、
サムは採掘作業中、月面車で大事故を起こしてしまう。
医務室で目を覚ますサム。
ガーティが救出してくれたらしい。
と、目の前には自分と瓜二つの男が...。
自分以外、誰もいないはずなのに?
これは幻覚なのか?
いったい何が起こっているのか?
という展開の話。

なかなか、面白い映画でした。
キューブリックの「2001年宇宙の旅」や
タルコフスキーの「惑星ソラリス」 が好きな人には、
ツボにはまる映画だと思います。
あそこまでの哲学的な深みはありませが、
なんとなく懐かしい、昔のSF映画のテイストで作られており、
そういった意味では、由緒正しきSF映画だと思います。

枯渇したエネルギーを月から採掘するという設定は、
「アバター」と似ています。
企業の利益至上主義を描いている点も似ていますが、
決定的に違うのは、低予算で作られているということです。
登場人物は、ほぼ一人(?)。
物語の進行は、ほぼ月面基地のみ。
派手なアクションシーンもありません。

だけど、面白いです。
チープな感じはしません。

監督のダンカン・ジョーンズは、あのデビッド・ボウイの息子だそうで、
これが長編監督デビュー作とは...今後が楽しみな監督です。

ネタバレになるのでストーリーには触れられませんが、
この映画の魅力の一つは、AIロボットのガーティだと思います。
AIロボットといえば、「2001年宇宙の旅」のHAL9000が有名ですが、
この映画のガーティは、HALのように機械的ではなく、
思考が人間的なところに好感が持てました。

ガーティのモニターには、
「ニコちゃんマーク」に似た「顔文字」が表示され、
ロボットでありながら、感情の変化を読み取ることが出来ます。
また、怪我の治療をしてくれるだけでなく、
辛い時、そっと肩に手(?)を置いて、慰めてくれたりする
イイ奴なのです。

大金を掛けなくてもアイデア次第で、
まだまだ新鮮な驚きに満ちた面白い映画が出来ることを
証明してみせた、良い作品だと思います。


★★★★☆

 

 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 




スポンサーサイト

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。