清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タコとブブゼラのワールドカップ2010
話題としては古くなってしまいましたが、
このブログが四年後まで続く事を期待して、
2010年のワールドカップの事を書いておこう。

ワールドカップ南アフリカ大会は11日、
ヨハネスブルクのサッカーシティー競技場で決勝があり、
スペインがオランダを延長戦の末1-0で下し初優勝を飾りました。
初戦に敗れたチームの優勝はW杯史上初めて。
また、欧州以外の開催地で欧州勢が優勝するのは初めてで、
スペインは史上8チーム目の優勝チームとなりました。

スペイン優勝

さて、番外編として、
今大会で世界の注目を集めたのは、なんといっても
ドイツ・オーバーハウゼン水族館の「予言タコ」パウル君です。
パウル君はドイツ代表の7試合に決勝戦を加えた計8試合の
勝敗を全て的中させるという偉業を成し遂げました。
8試合連続で的中させる確率は、なんと256分の1。

トーナメント結果


水族館では、その功績をたたえ、12日に
パウル君に優勝トロフィーのレプリカが贈呈されたそうです。
パウル君の事を調べてみると、
パウル君の予想は今回が初めてでは無く、
UEFA欧州選手権2008 ではドイツの全6試合を予想し、
4試合を的中させたという実績のあるタコだったんですね。
水族館によると、
パウル君には様々なオファーが殺到しているものの、
今後は「普通のタコに戻る」といいます。
タコの寿命は3歳前後。現在2歳のパウル君にとって、
ワールドカップ予想は今回が最後となってしまいそうです。

こうなったら、この偉大な予言DNAを絶やすこと無く、
次回ブラジル大会のためにも、
パウル君には、早く奥さんをもらって頂いて、
パウル君ジュニアの誕生をお願いしたいものである。

( シルシルのタコのエイトはパウル君と同じマダコだし
メスということなので、奥さんにいかがでしょうか...
国際結婚!そうしたら盛り上がるだろうなー)

パウル君

ついでに言っておくと、
今回のワールドカップ南アフリカ大会で印象深かかったのは、
サポーターが応援のために吹き鳴らすブブゼラという楽器の音が
非常にうるさかったという事である。
テレビ観戦していても、あれだけうるさいのだから、
さぞかし、選手はやりづらかっただろうと思います。

しかし、昔はサッカーといえばチアホーンを吹いて応援したもんです。
狭い日本では使用禁止になっても当然のような気もしますが、
ワールドカップの時ぐらい思いっきり吹いていてみたい
という気持ちもよく分かります。
次回ブラジル大会の時にもブブゼラが鳴り響くのでしょうか。


果たして四年後までこのブログが続いているだろうか?
Let It Be ケ・セラ・セラ
ですねー。


 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 




スポンサーサイト

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。