清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月なのにヒマワリが満開

新之助と散歩に行ったら、11月だというのに、いまだにヒマワリが満開に咲いている畑を見付けた。コスコスもまだまだ見頃である。
先月、わざわざ知多市方面まで車で見に行ったのに、こんなに近くで見られるなんて、灯台もと暗しだ。
ヒマワリ1  ヒマワリ4
秋に咲く品種なのか、種を植える時期を遅らせたのかは解らないが、秋でもちゃんとヒマワリが咲くのですね。畑の一部では菜の花まで咲いていた。
これも地球温暖化の影響なのだろうか。「季節外れ」という言葉が通用しなくなってきた世の中である。
ヒマワリ2  ヒマワリ3
それにしても、最近は休耕田にコスモスやヒマワリを植えるのが流行なのだろうか。畑の肥やしにもなって、一石二鳥なのだろうか。あちこちで見かけるようになった。
一石二鳥といえば、スズメも大喜びである。こんなにありがたいことはない。大群になってヒマワリの種を食べていた。

まあ、なにはともあれ殺風景な畑よりは、花があるということは、人間にとっても、鳥にとっても、ありがたいことである。

 



↑ブログランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。