清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ルパンの消息」 横山秀夫
ルパンの消息」
横山秀夫 2005年刊行

ルパンの消息


1991年にサントリーミステリ大賞に入賞した
横山秀夫の幻のデビュー作を
2005年に改稿して刊行した作品。
私としては初めての横山作品です。

まずもってタイトルに引かれました。
ルパンの消息」とは、どういう意味か?

ルパンって、あのルパン

話としては、「時効まで、あと1日」ていう
タイムリミット物のサスペンスなんですが、
途中までは、青春小説ぽくってあんまり面白く無いです。
しかし、残り3分の1ぐらいから急激に面白くなります。
終盤の伏線の解決は見事です。
そして、なんと、あの、「三億円事件」まで絡んできます。
ジーンとくるシーンもあり、最終的には大満足です。

デビュー作という事で、様々な要素が盛り込まれており、、
著者の創作意欲がうかがえます。
とても処女作とは思えないほど、よく練られて書かれています。
ありえない展開も多々ありますが、
エンターテーメントだと思えば上出来です。

読み終わってタイトルを見ると、
なんて格好いいタイトルなんだろうと納得します。



★★★★☆





にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ      
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 





スポンサーサイト

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。