清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IC免許証は、国民監視システムである。
運転免許証の更新に行った。
今までゴールドカードだったのに、
去年シートベルトで捕まってしまったので、
今回から、またブルーに逆戻りです。
情けない話である。トホホ...。
しかも、ゴールドの時は近所の派出所で
ビデオを観るだけでよかったのに、
今回は日を改めて違反者講習を受けなければならなかった。
仕事の都合もあり、これは結構、大変な事である。

講習会場では、蓮舫議員が仕分け対象にした、
例の教則本をありがたく頂きました。

免許講習

ところで、免許証ってIC付きに変わっていたんですね。
全然、知りませんでした。
どおりで交付手数料が高い訳である。
しかも、4桁の暗証番号が2組も必要だなんて、
面倒くさいです。忘れちゃいます。

こうなったら、交通安全協会費なんて払ってやらない!

しかし、個人情報の保護と偽造防止のためにという話ですが、
本当にそれだけの理由だろうか?
個人情報の保護と言ったって、本籍地が伏せてあるだけじゃないか。
なんだかなぁ。
本当は、新しい天下り先を作りたかっただけじゃないの。
これじゃあタスポ住基カードと同じ事である。

しかし、よく考えるとその背景には
恐ろしい企みが隠されているような気もします。
それは 、

国家による国民監視システムです。

IC化すると記憶容量が飛躍的に増えるので、
基本情報以外の違反歴や指紋などの情報も入れる事が可能です。
こうした情報は警察官が携帯する専用の端末で
読み取ることが可能な筈です。
コレは間違いなく導入していると思います。
また、このICチップは非接触式なので、
警察が読み取り機を駅や交差点などに設置すれば、
IC免許を持っている人物を特定できるし、監視が出来ます。

私は別にやましい事はありませんが、
Nシステムといい、IC免許証といい
なんだか恐ろしい話である。

免許証をアルミ箔で包んでおこうかなぁ。

きっと、そのうちアルミの免許証入れが発売されると思います。
コレは間違いありません。

個人情報は自分で守りましょう。

 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 




スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。