清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「波のうえの魔術師」 石田衣良
波のうえの魔術師
石田衣良 2001年作

波のうえの魔術師

時代はバブル崩壊後の1998年の春。
主人公は、大学は卒業したものの、職につくことができず、
パチンコで生計を立てている就職浪人中の青年。
そんな青年の前に一人の老獪な相場師が現れ、
マーケットのノウハウを伝授し、
大銀行への復讐劇に巻き込んでいく。
という物語。

私は式投資などやったことがないので、
ここに書かれている内容にどれだけ
リアリティがあるのかは分かりませんが、
とても面白い小説でした。

自分もで生きていけるかも

という錯覚に陥ってしまいます。
の知識があったら、
もっと面白く読めたんじゃないかなと思います。
この小説は「ビッグマネー! 〜浮世の沙汰はしだい〜」
というタイトルで2002年にテレビドラマ化されていました。

デビュー前の石田氏は、
で生活するために本気で勉強されていた頃もあったそうで、
その経験が小説の中に十分に生かされています。

この小説では「空売り」という投資方法が 、
戦術としてメインに扱われています。

株の空売り

聞いたことはあるが、一体どういう投資方法なのでしょうか。
私は、今まで知りませんでした。

株をできるだけ安く買い、その株が値上がりしたところで
売って利益を得るのが普通の株取引ですが、
その逆の取引もあったんですね。
信用取引」ていうやつです。

手元に株がなくても売ることができる

こんな手法、誰が考えたんでしょう?
賢いです。
株がマネーゲームと言われる所以ですね。

「株の空売り」については、興味深いので、
改めてブログで取り上げたいと思っています。


★★★★☆


 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 

スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。