清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名駅前チャンスセンター

昨日、名古屋に行ったら、「名駅前チャンスセンター」には、例年通り「年末ジャンボ宝くじ」を求める人達で大混雑していた。アナウンスも騒々しく、のぼりも何本も立てられ、最後尾を示す看板を持った人まで立っていた。
ここ「名駅前チャンスセンター」は全国的にも有名な高額当選者が出る宝くじ売場で、2002年の「年末ジャンボ宝くじ」では、1億円以上の高額当選者が14人も誕生したことで話題となりました。
当選者が多いので人気があるのは解りますが、ここの売り場が人気があるもう一つの要因として、組数や先頭数字の指定買いが出来るということが挙げられる。これも販売枚数が多いから出来ることで、小さな売り場では対応出来ません。わざわざ他県から買いに来る人も多いのは頷けます。
最近は、こうした高額当選者が沢山出ている人気宝くじ売り場で購入したいという人のために、お客さんに代わって、東京・大阪・名古屋の人気宝くじ売り場窓口まで行って、宝くじを購入して届けてくれる「ネットDE宝クジ」なんてサービスも登場したと聞いています。

しかし、よく考えれば、当選確率はどこの売り場で買っても同じはずなのに、ご苦労な話である。
名駅前チャンスセンター 
私も以前は「ジャンボ宝くじ」の時だけは、購入していた一人なのですが、全然当たらないので、最近は宝くじよりも確率の高い「ミニロト」に乗り換えてしまった。
年4回の「ジャンボ宝くじ」を、それぞれ30枚ずつ買うと年間36,000円。その資金を「ミニロト」に置き換えると、毎週600円ずつ「ミニロト」が買える計算になる。
当たる当たらないは別としても、毎週宝くじを楽しむことが出来るので、私は「ロト」の方が好きだ。

しかし、もともと金も無いくせに、宝くじなんて買わなければ良いと思うのですが、「もしかしたら」と思って、ついつい買ってしまう。
馬鹿だよなぁ~。
でも毎回、誰かが当たっている訳だし..。

お金持ちは宝くじなんて買わないんだろうなぁ~。
鳩山総理には宝くじなんて必要ないか。
買うのは中途半端な貧乏人だけか。

「年末ジャンボ宝くじ」の発売期間は、12月22日(火)までです。
エントリーしなければ資格はありませんよ!
買いたい方は、どうぞ。

いつか「ロト」が当たらないかなぁ~。

 


 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。


スポンサーサイト

テーマ:名古屋だがね - ジャンル:地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。