清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「忍びの国」 坂ノ睦
忍びの国」第1巻
坂ノ睦 2009年作

忍びの国

昨日は、地元関係の新年会に出席した。
もう2月だというのに、いまさら新年会とは遅すぎる。
会の代表者も挨拶で、
「明けまして、おめでとうございます。
と言うのは、今年はこれが最後になると思います」
と、恐縮している様子でした。
この新年会は仕事関係の宴会とは違って、気心の知れた人達ばかりなので、とても楽しい宴会である。
その宴会の席で、昨日、たまたま隣に座った先輩から、
ある漫画を紹介された。
それは「忍びの国」という漫画。
作者は、坂ノ睦さん。
なんと、その先輩の娘さんだった。
私は、先輩の娘さんが漫画を描いている事は知っていたが、趣味で描いている程度で、まさか単行本として発売されている程、立派な漫画家とは知らなかった。
才能があっても、夢果たせず、なかなかメジャーになる事は難しい世界と聞きます。
先輩に聞くと、これが初の単行本と言うことで、近々第二巻も出版されるらしいです。
凄いことだと思う。きっと凄まじい努力をされたに違いない。
こんな身近に、そんな凄い人がいたとは、本当に嬉しいことである。
私が「夢の印税生活じゃあないですか」と言うと、
「まだまだ」と笑っていたが、嬉しくてたまらいといった感じでした。
きっと先輩も、嬉しくて、みんなに自慢したくて、懐に娘の描いた記念すべき単行本を忍ばせて来たのだろう。

「私も買って読みますよ」

忍びの国」は、「のぼうの城」で直木賞候補にもなった和田竜原作の小説を漫画化したもので、ゲッサン(月刊少年サンデー)に連載中だそうです。

興味がある方は、是非読んで下さい!


 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 

スポンサーサイト

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。