清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「夏のレプリカ」 森博嗣
夏のレプリカ
森博嗣 1998年作

夏のレプリカ


前作「幻惑の死と使途」と同時進行の物語ということで、
前作が奇数章、今作が偶数章で構成されています。
前作を読んで、どうなるか期待して読んだのですが、

ちょっと期待ハズレ。

面白い趣向だとは思いますが,
それぞれが独立した物語になっているので、
こんなギミックは必要ありません。

物語自体も少々アンフェアな感じ。
最後も尻切れトンボみたいで説明不足。
私は、最後、何が起こったのかよく分かりませんでした。

しかし、ある意味、
それによって印象的な読後感を残す事に成功しています。

人物の心理描写が凄く良く描けています。
シリーズ物なので、キャラの造形という点では、
こういった章があっても良いかもしれません。

そう考えると、トリックなんか、どうでもよくなってきます。

せつない、ブルーな気分を味わうことができます。

小説なんか、何か一つ心に残る事があれば、
それだけで十分成功です。

そんな気分にさせてくれるミステリーです。





★★★☆☆





にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ      
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 




スポンサーサイト

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。