清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴーヤの巻きひげに癒されます。
今年はゴーヤで「緑のカーテン」に挑戦しています。
ゴーヤは成長が早い。
見る見るうちに成長して、背の高さを越えました。
巻きひげのあるつる草は、動物みたいな動きがあって
毎日見ていても飽きません。

巻きひげ2

ばね状になったひげが、電話機のコードみたいで可愛いです。

癒されるなぁ。

ばね状になっていれば、風が吹いて揺れても伸び縮みできるから、
巻きひげは切れずに本体を支えることが出来ます。
植物も、なかなか考えていると思います。

ところで、このばね状になったひげが、巻き始めと巻き終わりで、
向きが逆転しているのをご存知ですか?
私は、初めて知りました。
昔、ヘチマを育てたのになぁ。
そんなの習ったっけ。

巻きひげ1

この逆になっている所を「反旋点」と呼ぶそうです。
反旋点があると、力が加わった時に、力が分散され、
反転のない場合より、切れ難くなるそうです。
そこまで考えていましたか!

植物って賢いなぁ。

そこで、ふと思い出したのが、
NHKラジオが毎年、高校野球中継の間をぬって
放送している名番組「子ども科学電話相談」の事。
この番組は面白い。
今年も、そういう季節になりました。

難問、奇問から途中でキレてしまう子、泣き出す子、
はたまた年齢詐称ぽい子まで登場したりします。
意表をついた質問に、その道のオーソリティーもタジタジ。
そんなの常識だろうと思う素朴な質問ほど、
回答するのは難しいです。
大人も楽しめる番組です。
調べたら、本も出版されていたんですね。
子ども電話科学相談

そんなことより、
果たして、秋にはゴーヤが食べられるのだろうか?
わく、わく、
そっちの方が大問題です。


 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 




スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。