清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「宿命」 東野圭吾
宿命
東野圭吾1990年作

宿命


刑事が主人公。
殺人事件の容疑者は、なんと、
学生時代ライバルだった男。
しかも、主人公がかつて、愛し合った
初恋の女性を妻にしていた。

なんという再開。
奥さんとの密会。
ぞくぞくする展開。

私は、昼メロの様な、
ドロドロした愛憎劇を期待したのですが、
少し違っていました。

この本が東野圭吾の最初に読んだ作品なら、
これで十分面白いのですが、
何作も読んでからだと、
どうしても、もっと、こう、
人間の嫌らしい処があからさまになっていくような、
えげつない展開を期待してしまいます。

タイトル「宿命」の本当の意味は最後の最後に明らかにされます。

そういうオチだったのか!

このオチが書きたかったんだ。
て感じです。


★★★★☆



 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 




スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。