清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
油山寺
可睡斎の次は、やっぱここでしょう。
てことで、油山寺にやって来ました。
正確には、医王山薬王院油山寺

油山寺3

今から約千三百年前(701年)に開山された真言宗の古刹です。
昔、この山から油が出ていたので油山寺の名が付いた。
薬師如来がご本尊で、目の守護、眼病平癒の寺として信仰を集める。

油山寺2


重要文化財の三重塔(1190年)は、
源頼朝が眼病全快のお礼として建立したもの。

油山寺4

境内は広大で、昼なお薄暗く、林におおわれ、
深山霊谷の趣が濃かったです。

油山寺6

また、油山寺には、「世界一願いが叶う大念珠」というものがあり、
長さは、なんと、120mもあるそうです。
3年に1度、この巨大な数珠を使った大念珠祭と呼ばれる
数珠回しが行われ、今年がその年に当たるみたいです。

油山寺5


あちこちにお金で造られた「め」と象られた
絵馬が掲げられていました。

油山寺1


とにかく、石段が多く、
オッサンには辛いものがありました。

油山寺は、足腰の神様としても有名らしいです。
さすが、神様、
鍛えられるぜ!

でも、やっぱ、疲れました。
ふーっ。




 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 





スポンサーサイト

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル:地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。