清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「日本怪談物語」
今年も怪談の季節になりました。
ということで毎年恒例となったNHKの
「日本怪談物語」を視た。

怪談


去年、一昨年と「日本怪談百物語」「日本怪談百物語 その弐」
というタイトルで放送されてきた番組の第3弾。
去年までは百物語のスタイルで3時間半近くもある長い番組
だったけれど、今年は90分枠になり、視やすくなりました。

今年は、江戸時代に書かれた怪談を中心にすえた内容で、
聞けば思い出すような名作ぞろい。

大変、面白かったです。

朗読劇の出演者は、
黒木瞳、近藤正臣、小島聖、藤本隆宏、新妻聖子、熊田かほり
の五人。

演目も書いておこう。

「安珍清姫」
「しゃべる骸骨」
「切腹の刻」
「東海道四谷怪談」
「幽霊滝」
「小幡小平次」
「卒塔婆の妻」
「漆ぬりの妻」
「阿三の森」
「吉備津の釜」
「鍋島猫騒動」
「桶狭間の合戦秘話」
「呪いの雛型」
「悪行の果てに」
「ある琵琶法師の話」

人間のさまざまな情念を語り伝えてきた日本の伝統文化「怪談」。
ネタが尽きてしまうかもしれませんが、
ぜひ来年も放送して欲しいと思います。



 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 





スポンサーサイト

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。