清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「新世界より」 貴志祐介
新世界より
貴志祐介 2008年作

新世界より

今年の年末年始は時間がたっぷりとれるので、
長編小説を読もうと決めていました。
で、何を読んだのかというとコレ、

貴志祐介の「新世界より」。

上・中・下巻に分かれており、1500ページにもおよぶ大作です。
上・下巻はだいぶ前からゲットしてたんだけれど、
中巻がなかなかゲットする事ができず、
今まで読む事ができなかったのでした。

内容は、ジュブナイルSFダークファンタジー小説
とでも呼べはよいのか、
まるで悪夢を小説にしたような話でした。
1000年後の日本を描いているのですが、その世界観が凄いです。
ハリウッドのB級映画の様でもありますが、
オリジナリティーに満ちており、また物語の設定が
細部にいたるまで詳細に構築されており、
まさにタイトル通りの「新世界」が創造されていました。
あらためて、著者の才能には感服します。

読み応えがあったんですが、
あまりの面白さに、一気に読めてしまいました。
ていうか読み出したら途中で止める事ができませんでした。

なんだよ。結局、時間が余っちゃったんじゃないかよ。
これじゃあ、何か別の本を探さなきゃ。

ネタバレになっては申し訳ないので、
本の内容には触れられませんが、
本のタイトルの「新世界より」は
ドヴォルザークの「新世界より」とも、ちょっと関連がありました。

これぞエンターテイメント小説です。
小説世界に、どっぷりと浸る事ができます。
想像力を働かせてどっぷりと悪夢を楽しんで頂きたいと思います。

「想像力こそが、すべてを変える」





★★★★★





にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ      
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 







スポンサーサイト

テーマ:怪談/ホラー - ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。