清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「水車館の殺人」 綾辻行人
水車館の殺人綾辻行人
「館シリーズ」の二作目で1988年の作品。

水車館の殺人1

「館シリーズ」の二作目で、私は三作目の「迷路館の殺人」を先に読んでしまったので、私にとっては三本目の「館シリーズ」である。
やっぱり「館シリーズ」は順番に読んで行った方が思い入れがしやすいです。

内容は、前回同様、異端の建築家、中村清司が建てた奇怪な館「水車館」で起こる連続殺人事件を描いています。
この「水車館」には、年に一度、収集された幻の絵画を鑑賞しに客人達がやって来る。
館の主人は、過去の事故によって、足と手と顔に損傷を負ってしまった人物で、
車椅子に乗り手袋をはめ、顔には白い仮面を常に被っている。
(ものすごーく怪しい)
その妻は幼い頃から学校にも行かず、幽閉されている美少女。
(どうも怪しい)
招かれた客も皆、うさんくさい人物ばかりである。
(皆、怪しい)
そんな中、館を嵐が襲い、
例の如く館は陸の孤島と化してしまう。
クローズドサークル
そして一年前に起こった奇怪な連続殺人が再び始まる...
という展開の話。

前作の「十角館の殺人」ほど衝撃的ではありませんが、
私的には楽しめた作品です。
何故かというと、途中で
「謎はすべて解けた!」
からです。
まるで「金田一少年の事件簿」のように。
読者にとってこれは痛快です。
フェアに作ってあります。
すべての謎というのは大袈裟ですが、
ほぼ正解することが出来たので、大満足です。

水車館の殺人2

設定や登場人物もベタな感じで、
まるでコミックの原作ような作品です。
トリックも「王道」で読者を裏切りません。
マニアには物足りないと感じてしまうでしょうが、「叙述」に凝るあまり、内容が分からなく成ってしまう作品が多い中、
安心して読める「本格推理」小説と言えると思います。
セオリー通りのミステリーを、かくも緊張感を保った一級の「本格推理」に仕上げた、著者の技量は凄いと思います。


★★★★☆


 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。




スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。