清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイバスター最終回!ありがとう小田君。

ちょっと前の話になるがフジテレビ系列の深夜番組「FNS地球特捜隊ダイバスター」が最終回を迎えた。
知らない人の方が多いと思いますが、私はあのくだらない感じがすごく好きでした。
最終回の映像を手に入れたので、さっそく見てみた。
見てみると、以前は30分番組だったのに、いつのまにか15分番組になっていた。しょっちゅうスポンサーを探していたようだし、いろいろと苦労があったのだと思う。
ダイバスター2  ダイバスター1
 最終回のネタは「ドクロの指輪を復元すると、どんな顔?」というタイトルで、犯罪捜査にもち入れられる復顔法の先生に、いま流行のドクロの付いた指輪に肉付けを行ってもらい、生前の顔を調べるという、いつも通りのくだらない内容でした。
しかし、このくだらなさがたまらない!
無くなってしまうのは、やっぱり残念だ。
ダイバスター3  ダイバスター4
 思い起こしてみると、この番組の面白さのピークは、皆もそう思うと思いますが、ADの小田君が出ていた頃だと思う。あの「気が遠くなる作業シリーズ」は、可哀相だとは思ったが、最高に面白かった。
たぶんシャレの解らない人からのクレームがあったのだろう、ある時から小田君が出演しなくなった。局としては、そうせざるを得なかったのだろう。少しやりすぎの面もあったが、それがこの番組の面白いところでもあった。誰もが嫌がってやらないようなことを、それも何の価値もないようなことを、延々と行う小田君。なかなか出来ることではない。そんな、なかなか出来ることでは無い映像を視聴者は見たかったのだと思う。
ADにやらせるのが問題ならば、お笑い芸人にでもやらせたら良かったのに。でも、そんな予算は番組には無かったのだろう。結果、小田君は出なくなってしまった。そして、番組の面白さはダウンして行き、私もあまり見なくなってしまった。
ADの小田君を現在放送中の番組で例えるのなら、TV朝日系列の深夜番組シルシルミチル」のグルメリポートで「とってもおいしいです。」と発言するAD堀君の状況に似ている。今はブレイクしているが、これだって誰かが局に「可哀相じゃないか!」とクレームを入れて、堀君が出演しなくなったら、番組の面白さは、かなりダウンすると思う。小田君と同じで、変わりに芸人がやっても、あのビミョーな面白さは表現出来ないのと同じことだ。
ほどほどにしないと二の舞になりそうな気がする。
まぁ、とにかく小田君にはありがとうと言いたい。
君は、よくがんばった!忘れないよ。
今後の活躍を願っております。
そして、博士こと銀河万丈さんにもお礼です。
長い間、大変楽しませていだきました。
それから、どうでもいいことだけど..、
私としては福田麻衣ちゃんより小島祥子ちゃんの方がよかったです。



↑ブログランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 

スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。