清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カルチャーショック!最近の軽自動車は...
愛車が車検になったので車屋に車を持っていった。
いつもなら普通車を代車でくれるのだが、今回は、普通車が出払っていたのか、軽自動車を代車としてくれた。「軽」?と思ったが、少しの間だし、私としては、走れば何だって良い。
ところが、その軽自動車が変わっていた。て言うか、進んでいた。
渡されたキーにカギが無いのである。消しゴムぐらいの大きさの黒い物体がキーだと言うのだ。
車屋のオヤジは「知らないの?」て言う顔をして、
「この車はキーレスエントリーの車で、カギを持ってさえいれば車のドアが開き、エンジンも掛かる」と、教えてくれた。
私は、そんな車は初めてだったが「あっ、そう」と、知ったかぶりでうなずき、オヤジに「じゃあ、もらっていきます」と言って車に乗り込んだ。
乗ってみると、なるほどエンジンキーの部分がキーではなく、ツマミのようになっていた。
そして、ツマミを回すとエンジンが掛かった。
最近の「軽」はスゴイ!進んでいる!
それとも私が遅れているだけなのだろうか?
きっと、そうに違いない...。

ミラ・ココア

私が代車でもらったのはダイハツの「ミラ・ココア」。
車内にあった取説を読んでみると、このシステムは「キーフリーシステム」と言う物らしい。先ほどの黒い物体は「電子カードキー」だった。
さらに「電子カードキー」がないとエンジンが始動しない、盗難防止の「イモビライザー機能」まで付いてた。スゴイ!

でも、「電子カードキー」の電池が無くなったらどうするの?
「車に入れなくなってしまうじゃないか」と思ったが、
ちゃんと取説に載っていた。
ぱっと見、分からないが、「電子カードキー」に「エマージェンシー・キー」が内蔵されていた。
なるほど!
よく見ればエンジンボタンにキーが刺さる様にもなっていた。
また、盗難防止機能が働き「エマージェンシー・キー」でドアを開けたらセキュリティアラームが鳴るようになっていて、さらに10秒以内にエンジンを掛けないと、大音量の警報ホーンが鳴るシステムになっているらしい。
スゴイ!「軽」だと言って、あなどれない!
こういったシステムは高級車だけだと思っていました。 
  
 電子カードキー1  電子カードキー2

まだまだこの「軽」には、「エコ運転のインジケーター」や「瞬間燃費計」等、様々な機能が付いていましたが運転してみて、この「軽」は私のような人間にはピッタリな車だと言うことが分かりました。
運転していて、「何かうるさいなぁ」と思ったら、シートベルのアラームだった。
(ヤバイ、ヤバイ、この前、シートベルトで捕まったばかりだった)
この前、給油キャップをセルフスタンドに忘れて大変な目に遭ったが、この車には、ちゃんとキャップにワイヤーが付いていた。
また、以前、車のカギをインロックして大変な目にも遭ったが、「電子カードキー」なら常時バッグやポケットに入れておけば良いのでインロックの心配も無い。

きっと私が知らないだけで、そんな事、世間では当たり前なのだろうが、最近の「軽」は本当に進んでいると思いました。
近づくとドアが開くのは大変便利です。これに慣れたら大変です。

これぞ正に、カルチャーショック!いい経験をしました。

 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 


スポンサーサイト

テーマ:軽自動車 - ジャンル:車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。