清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「3000年の密室」柄刀一
「3000年の密室」
柄刀一 1998年作

3000年の密室


著者のデビュー作。
密室状態の洞窟で発見された縄文人男性のミイラは、
背中に石斧を突きたてられ、右腕を切断されていた。

3000年前の密室殺人?

いかにも興味をそそるあらすじですが、
いかんせんミイラに関するウンチクが長すぎました。

勉強して書かれたのしょうが、専門用語が多く、
はっきり言って、途中で投げ出そうかと思いました。

アイデアは良かったので、
もうちょっとウンチク部分を短くして、
ラストを丁寧に描いたら読みやすかったと思います。

頭に残ったウンチクは、
弥生時代が約500年なのに対し、
縄文時代は一万年も続いたという事です。
へーっ。




★★★☆☆




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ      
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 


スポンサーサイト

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。