清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「霧越邸殺人事件」綾辻行人
霧越邸殺人事件
綾辻行人 1990年作

霧越邸殺人事件1


かなかな読み応えがありました。
著者の力量を感じる、700ページ近くもある
重厚な長編本格ミステリーです。
雪で閉ざされた山荘、連続殺人、見立て殺人、謎めいた住人等、
ミステリーの定番要素がてんこ盛りの作品です。

日本を舞台としながら、雰囲気はどこか外国的。
芸術や文学に関するうんちくも豊富で、
まるで外国のゴシックホラーを読んでいるような雰囲気。
幻想的でもあり、ミステリーファンにはたまらない
風味に仕上がっていると思います。

霧越邸殺人事件2


物語では、クリスティの「そして誰もいなくなった」や、
一連の横溝作品を思わせる、北原白秋の童謡に見立てた、
連続殺人事件が起こるのですが、
改めて歌詞を読んでみると、どことなく不気味。
せっかくなので載せておきます。

「雨」 北原白秋

  雨がふります、雨がふる。
  遊びに行きたし、傘はなし。
  紅緒のお下駄も緒が切れた。
 
  雨がふります、雨がふる。
  いやでもお家で遊びませう。
  千代紙折りませう、疊みませう。
 
  雨がふります、雨がふる。
  けんけん小雉子が今啼いた。
  小雉子も寒かろ、寂しかろ。
 
  雨がふります、雨がふる。
  お人形寢かせどまだ止まぬ。
  お線香花火もみな焚いた。
 
  雨がふります、雨がふる。
  晝もふるふる、夜もふる。
  雨がふります、雨がふる。

物語では、もう一つ、童謡が出てきます。
これも、せっかくなので載せておきます。

「かなりや」 西条八十

  唄を忘れた金糸雀は、後の山に棄てましよか。
  いえ、いえ、それはなりませぬ。

  唄を忘れた金糸雀は、背戸の小薮に埋けましよか。
  いえ、いえ、それもなりませぬ。

  唄を忘れた金糸雀は、柳の鞭でぶちましよか。
  いえ、いえ、それはかはいさう。

  唄を忘れた金絲雀は、象牙の船に、銀の櫂。
  月夜の海に浮べれば、忘れた歌を想ひだす。

誰もが、一度は聞いたことがある童謡ですが、
改めて歌詞を読んでみると、
これも結構、凄い内容です。
決して、無邪気な子供が歌う歌ではありません。
今なら、放送禁止になるかもしれません。
しかし、ある意味、
著者は、いい題材を見付けたと思います。

純文学好きの人が読んだら、
笑っちゃうような内容ですが、
市川崑監督が生きていたら、
是非、映画化してほしかったと
思わせてくれるような
良い雰囲気のミステリー作品です。



★★★★★


 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 


スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。