清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「青の炎」 貴志祐介
青の炎
貴志祐介 1999年作

青の炎


私にとっては「黒い家」に続く貴志作品、二作目。
「黒い家」が面白かったので、さっそくブックオフで探して、
立て続けに読んでみました。

この本もスゴイです!

嵐の二宮君主演で映画化されているので、
知っている人も多いかもしれません。

倒叙形式のミステリーを久しぶりに読んだのですが、
なかなか良いものである。

犯罪に手を染めてしまった主人公の苦悩や、
次第に、追い詰められていく切迫感が、
実に繊細に描かれていています。

終盤はページをめくるのが辛くなるほど、
追いつめられていきます。
可哀相で、
思わず涙が溢れそうになります。

青春小説としても良くできています。
なんとも、せつないです。

読んで良かった。


★★★★★



 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 




スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。