清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「夜のピクニック」恩田陸
夜のピクニック
恩田陸 2004年作

夜のピクニック


この小説はミステリーではありませんでした。
一滴の血も流れないし、暴力もありません。
一言で言ってしまえば青春小説なのですが、
激しい恋愛も、挫折もありません。

普段、強烈な本ばかり読んでいるいるので、
途中で少々、退屈してしまいました。
それは多分、
私の心が汚れてしまっているからだと思います。

うん。そうだ。

ノスタルジックな気分がよみがえりますが、
もうちょっと、インパクトが欲しかったと思います。
すごく、いい話なんだけれど、なんだかなぁ。
そう感じてしまうのは、
私の心が汚れてしまっているから。

そうだ。そうに違いない。

学生時代に、この本に出会っていたら、よかったと思います。

この小説は、著者の母校である水戸一高の名物行事、
全校生徒が24時間かけて80キロもの道程を
昼夜を徹してただひたすら歩くという
「歩く会」がモデルになっています。

その一晩の思い出の話です。

いかにも青春。


素晴らしい行事だと思います。

今でも行われているのだろうか?

こんな高校だったら、もっと青春できたかなぁ。


★★★☆☆



 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 





スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。