清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ゴーフル」は懐かしい味。
仕事関係の新年会に出席したら、手土産に「ゴーフル」を頂いた。
これは懐かしい。
自分からは、なかなか買うことはないので、嬉しいです。
頂いたのはプチ「ゴーフル」だった。
本当は、大きいのをパリパリサクサクと、
豪快に食べるのが醍醐味なのだが、
頂き物なので文句は言えない。

ゴーフル

今となっては、これより美味しいお菓子は山ほど存在するが、
幼い頃から「美味しいお菓子」と、すり込まれているので、
食べてみると、やっぱり美味しかったです。
軽い口溶けのバニラ、ストロベリー、チョコレートの
3種類の味も昔のままで、とても懐かしかったです。

缶の中に入っていた説明書によると、
神戸風月堂の創業は明治30年。
ゴーフル」が誕生したのは昭和2年のことだそうだ。
かの「シュバイツァー博士」も大好物だったと書いてあった。

シュバイツァー博士」。そんな博士いたなぁ~。
何をやった人だったっけ...。

 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 

スポンサーサイト

テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。