清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「46番目の密室」 有栖川有栖
46番目の密室
有栖川有栖 1992年作

\46番目の密室


軽井沢の別荘で開かれる、「密室の巨匠」と呼ばれる推理作家、
真壁聖一主催のクリスマスパーティーに参加した有栖川と火村。
過去に45もの密室トリックを発表し、日本のディクスン・カー
と称される真壁は、 パーティーの席上で、現在46番目の
最後の密室ものを執筆中であると話す。
そんな夜、密室状態の部屋で暖炉に頭部を突っ込んだ
身元不明の死体が発見される。
そして翌朝、別の密室状態の部屋でも、
同じように暖炉に頭部を突っ込んだ真壁の死体が発見される。
暖炉には、真壁の46番目の密室のトリックの
メモ書きと思われる紙が燃やされていた。
真壁は自らが考案した46番目の密室のトリックを使って
殺されてしまったのだろうか?
推理作家・有栖川有栖と犯罪学者・火村英生のコンビが
怪事件の謎に迫る!
といった展開の話。

「推理作家・有栖川シリーズ」の第1作。
プロットもトリックも、よく練られており、
大変面白かったのですが、
なんか私には、しっくりこなかった。
なぜだろう?
それだけ読者を満足させる密室物を書くのは
難しいということなのだろうか。



★★★☆☆


 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 


スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。