清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「13階段」 高野和明
13階段
高野和明 2001年作

13階段


第47回江戸川乱歩賞受賞作品。
犯行時の記憶を失った死刑囚。
手掛かりは、死刑囚の脳裏に蘇った「階段」というキーワードのみ。
その冤罪を晴らそうとする刑務官と、
過去に殺人事件を起こしてしまった前科者。
タイムリミットは三ヶ月間。
果たして二人は、無実の男の命を救うことができるのか。
といった展開の話。

死刑制度を扱った重たい作品ですが、
話のテンポが良く、展開もスリリングなので、
一気に読み終えることができました。

現場で実際に死刑を執行せねばならない刑務官の苦悩や、
出所した人間の社会復帰の困難さ、
犯罪者家族の不幸や、裁判における政治的な力等、
普段あまり意識していなかった死刑制度について、
深く考えさせてくれる内容でした。

死刑執行のシーンや、それに至るまでの事務手続き、
はたまた、リハーサルのシーンまでもが、
実際に経験してきたようにリアルに描かれており、
著者の調査能力の高さには感服します。
それにしても、死刑執行前に刑務官による
リハーサルが行われていたなんて、知りませんでした。
いかにも役所的というか...、
それが仕事とはいえ、決して携わりたくない仕事である。
巻末には参考文献として30冊ぐらいの本の名前が並んでおり、
著者の勉強ぶりが伝わってきます。

死刑制度の是非、冤罪事件、刑罰は何の為にあるのか。
犯罪者への報復であるとする応報刑思想と、
犯罪者を教育して社会復帰させる目的刑思想の、
それぞれへの疑問。

そもそも、法律で人を殺しても良いのか?

この重いテーマも去ることながら、
ミステリーとしても良く練られた作品でした。
なかなかキーワードの「階段」に辿り着かず、いらいらしますが、
終盤、「階段」が出てきてからは、
物語は加速度的に盛り上がります。
物語が二転三転し、
タイムリミットぎりぎりでの犯人との攻防は、
スリル満点です。
矛盾する点や、都合の良い展開
と思われるところもありましたが、
エンターテイメントとして、
十分に楽しむことのできる作品だと思います。

最後に、印象に残った、刑務官の言葉を載せておきます。

他人を殺せば死刑になることくらい、小学生だって知っている。
死刑になる奴は、そうなることが分かっていながら、
敢えてやった連中なのさ。
奴らがいなくなれば、制度があろうがなかろうが、
死刑は行われなくなるんだ。
死刑制度を維持しているのは、国民でも国家でもなく、
犯罪者自身なんだ。

そりゃあ、そうだけど...。
うーん。深い。


★★★★☆


 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 

スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。