清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「新世界より」 貴志祐介
新世界より
貴志祐介 2008年作

新世界より

今年の年末年始は時間がたっぷりとれるので、
長編小説を読もうと決めていました。
で、何を読んだのかというとコレ、

貴志祐介の「新世界より」。

上・中・下巻に分かれており、1500ページにもおよぶ大作です。
上・下巻はだいぶ前からゲットしてたんだけれど、
中巻がなかなかゲットする事ができず、
今まで読む事ができなかったのでした。

内容は、ジュブナイルSFダークファンタジー小説
とでも呼べはよいのか、
まるで悪夢を小説にしたような話でした。
1000年後の日本を描いているのですが、その世界観が凄いです。
ハリウッドのB級映画の様でもありますが、
オリジナリティーに満ちており、また物語の設定が
細部にいたるまで詳細に構築されており、
まさにタイトル通りの「新世界」が創造されていました。
あらためて、著者の才能には感服します。

読み応えがあったんですが、
あまりの面白さに、一気に読めてしまいました。
ていうか読み出したら途中で止める事ができませんでした。

なんだよ。結局、時間が余っちゃったんじゃないかよ。
これじゃあ、何か別の本を探さなきゃ。

ネタバレになっては申し訳ないので、
本の内容には触れられませんが、
本のタイトルの「新世界より」は
ドヴォルザークの「新世界より」とも、ちょっと関連がありました。

これぞエンターテイメント小説です。
小説世界に、どっぷりと浸る事ができます。
想像力を働かせてどっぷりと悪夢を楽しんで頂きたいと思います。

「想像力こそが、すべてを変える」





★★★★★





にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ      
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 







スポンサーサイト

テーマ:怪談/ホラー - ジャンル:小説・文学

「天使の囀り」貴志祐介
天使の囀り
貴志祐介 1998年作

天使の囀り


本のタイトルは美しいですが、
おぞましいホラー小説です。
フウウウウウウウム。
裏表紙に書いてある通り、

前人未到の恐怖が、

あなたを襲います。

チェッチェッ。

かなりグロイです。
■■■だ。■■■だ。
シューッ、シューッ。

予備知識なしで読んで欲しい一冊です。
シューッ、シューッ。

傑作だと思います。





★★★★★





にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ      
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 







テーマ:怪談/ホラー - ジャンル:小説・文学

「クリムゾンの迷宮」 貴志祐介
クリムゾンの迷宮
貴志祐介 1999年作

クリムゾンの迷宮


この本もメッチャ、面白かった。

よく勉強して書かれています。
まるで映画を見ているような感じ、

読書好きには、たまらない作品に仕上がっています。

あり得ない設定ですが、
予備知識無しで楽しんで頂きたいと思います。

まだ、コンピューターが普及していない頃、
現在のロールプレイングゲームの元となった、
アドベンチャーゲームブックと呼ばれる本がありました。

そんなアドベンチャーゲームブックに対する
著者の強いリスペクトが感じられる作品です。



★★★★★



 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 




テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

「青の炎」 貴志祐介
青の炎
貴志祐介 1999年作

青の炎


私にとっては「黒い家」に続く貴志作品、二作目。
「黒い家」が面白かったので、さっそくブックオフで探して、
立て続けに読んでみました。

この本もスゴイです!

嵐の二宮君主演で映画化されているので、
知っている人も多いかもしれません。

倒叙形式のミステリーを久しぶりに読んだのですが、
なかなか良いものである。

犯罪に手を染めてしまった主人公の苦悩や、
次第に、追い詰められていく切迫感が、
実に繊細に描かれていています。

終盤はページをめくるのが辛くなるほど、
追いつめられていきます。
可哀相で、
思わず涙が溢れそうになります。

青春小説としても良くできています。
なんとも、せつないです。

読んで良かった。


★★★★★



 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 




テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

「黒い家」 貴志祐介
黒い家
貴志祐介 1997年作

黒い家


第4回日本ホラー小説大賞大賞受賞作。
めちゃめちゃ怖い!という噂で、
遅ればせながら、読んでみました。

確かに怖い!

よく出来ています。

ホラーといっても、オカルティックなものではなく、
人間の狂気だけで勝負した、緻密に計算された絶品ホラーです。
よく勉強して書かれています。

日本と韓国で過去二回映画化されているみたいです。

久々のヒットかな。

結構、気に入った!

著者の他の作品も読んでみたくなりました。


★★★★★



 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 




テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。