清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「天城峠殺人事件」 内田康夫

内田康夫の「浅見光彦」シリーズの第7作目で、1985年の作品。

天城峠殺人事件

 この本はボリュームが少なかったので、あっという間に読み終えることが出来ました。
物語は、伊豆の旧天城トンネルで、ひき逃げ事件が目撃される事から始まる。被害者の老人は千社札行脚を行っている老人だった。しかし被害者の遺留品の中には、残されているはずの千社札が全て無くなっていた。何故?不信に思った浅見は捜査を開始する。
一方、浅見の知り合いのアイドルタレントの心中事件も発生し、そちらの事件にも首を突っ込む光彦。調べてみると、心中事件にも不信な点が発覚。
無関係と思われた二つ事件が思わぬ展開で交差して行く..。といった内容の話。
本の裏表紙に「伊豆地方に伝わる手毬唄が、おそるべきトリックを暗示する。」と書いてあったので、横溝正史の「悪魔の手毬唄」のような内容だと期待していたのですが、読んでみると手毬唄は、事件の本筋とは直接関係ありませんでした。
しかし、トリックは良く出来ていると思った。トリックというより偽装工作なのだが、現実の犯罪にも使えそうなトリックだった。実際こういった事件も有ったかもしれません。
ところで千社札は、よく社寺の柱などに貼られていますが、参拝者が訪れた証として貼って行くものだったのですね。千社札行脚をしている人がいると言うことも、物語を読んで始めて知りました。これから社寺を訪れた時には、千社札を注意して見てみようという気持ちになります。
しかし、千社札のような何気ない素材から物語を展開する作者は、やっぱり凄いなと思います。
また、今回のヒロインは、朝美という名前なのですが、物語の中で、浅見光彦が朝美と結婚したら「アサミアサミ」になる。なんていう微笑ましいエピソードも楽しめた一冊でした。
ボリュームが少ないので、全般的には軽い感じの作品です。


★★★☆☆


 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 

スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

「津和野殺人事件」 内田康夫
内田康夫の「旅情ミステリー」シリーズの記念すべき第1作目。
「浅見光彦」シリーズでは第4作目で、1984年の作品である。

津和野殺人事件

初期の作品だけあって、なかなか良く出来ていた。ストーリーも緻密に計算されており、プロローグで起こる様々な出来事や人物が、津和野という場所に全て繋がってくるあたりは見事である。
舞台を津和野に移してからは、名門一族も物語に加わり、その複雑な家族関係の中で連続殺人が発生して行くわけですが、津和野にまつわる歴史や、昭和初期の話しも巧みに盛り込まれており、史実関係はさだかでは有りませんが、かなりリアリティがある作品に仕上がっている。
トリック的なものはあまり有りませんが、タイトルの津和野の描写や、登場人物も脇役にいたるまで、鮮明に描き出されており、それがこの小説の良さに繋がっていると思う。
物語の決着のつけ方は賛否の分かれるところだとは思いますが、浅見光彦は警察官ではないので、これも有りかなと思います。

地元の人は、この小説を読んで、どう思うのだろう?
ちょっと気になる。
この本を持って、津和野に行ってみたくなります。


★★★☆☆

 


 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

「神戸殺人事件」内田康夫
最近は、電車に乗ることが増えたので、本を読む機会も多くなった。
ブログには、おすすめの本の感想を載せようと思っていたが、なかなか名作にあたらないので、備忘録も兼ねて、読んだ本の感想も載せることにしようと思います。
私の読む本は基本的に「ブックオフ」で購入した100円の本なので、最新の本のレビューはほとんどないと思います。
今日、読み終えたのは、内田康夫の「神戸殺人事件」。
「浅見光彦」シリーズの第34作目で、1993年の作品である。タイトルに地名がつく一連の「旅情ミステリー」のシリーズです。

神戸殺人事件

浅見が神戸で一ノ谷の合戦を取材中。ヤクザにからまれた女を救う。女は、暗号めいた謎の言葉が書かれた紙片を残して、姿を消す。その夜、同行した男が殺され、浅見は毎度お馴染みの容疑者になってしまう。女を救うシーンは、マンガチックで、現実的にはありえないが、思いも寄らない物証によって警察に捕まってしまうところはスリリングだ。一方、大富豪宅を商談で訪れた客二人が相次いで殺され、物語は佳境に...。
最後、浅見が罠をしかける場面は、物語を終わらせようとする作者の意図が感じられ、唐突な感じがした。事件の全貌も解明していないし、なんとなくスッキリしない話しである。ラストのシーンは映画のワンシーンのようで、哀愁があったのが救いである。

★★☆☆☆

ネタバレしないように書くのはムツカシイ。



↑ブログランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。