清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「月に囚われた男」
月に囚われた男
原題:MOON
監督:ダンカン・ジョーンズ
2009年 イギリス映画

月に囚われた男


未来の地球では、現在行われている原子力発電に変わって、
核融合をエネルギー源としていましたが、
地球上では資源が枯渇してしまい、それを月から得ていました。
主人公は大企業に雇われ、
たった一人で、3年間も月面基地に止まり、
ヘリウム採掘に従事する男。サム・ベル。
サムの話し相手は人工知能を持ったロボット(ガーティ)が
一台あるだけだ。
唯一の慰めだったTV電話での妻との会話も、
衛星事故により交信不能となってしまった。
愛する家族のことを想い、過去のテープを何度も再生し、
孤独と闘いながら任期終了を待つサム。
そして、任務終了まであと2週間と迫ったとき、
サムは採掘作業中、月面車で大事故を起こしてしまう。
医務室で目を覚ますサム。
ガーティが救出してくれたらしい。
と、目の前には自分と瓜二つの男が...。
自分以外、誰もいないはずなのに?
これは幻覚なのか?
いったい何が起こっているのか?
という展開の話。

なかなか、面白い映画でした。
キューブリックの「2001年宇宙の旅」や
タルコフスキーの「惑星ソラリス」 が好きな人には、
ツボにはまる映画だと思います。
あそこまでの哲学的な深みはありませが、
なんとなく懐かしい、昔のSF映画のテイストで作られており、
そういった意味では、由緒正しきSF映画だと思います。

枯渇したエネルギーを月から採掘するという設定は、
「アバター」と似ています。
企業の利益至上主義を描いている点も似ていますが、
決定的に違うのは、低予算で作られているということです。
登場人物は、ほぼ一人(?)。
物語の進行は、ほぼ月面基地のみ。
派手なアクションシーンもありません。

だけど、面白いです。
チープな感じはしません。

監督のダンカン・ジョーンズは、あのデビッド・ボウイの息子だそうで、
これが長編監督デビュー作とは...今後が楽しみな監督です。

ネタバレになるのでストーリーには触れられませんが、
この映画の魅力の一つは、AIロボットのガーティだと思います。
AIロボットといえば、「2001年宇宙の旅」のHAL9000が有名ですが、
この映画のガーティは、HALのように機械的ではなく、
思考が人間的なところに好感が持てました。

ガーティのモニターには、
「ニコちゃんマーク」に似た「顔文字」が表示され、
ロボットでありながら、感情の変化を読み取ることが出来ます。
また、怪我の治療をしてくれるだけでなく、
辛い時、そっと肩に手(?)を置いて、慰めてくれたりする
イイ奴なのです。

大金を掛けなくてもアイデア次第で、
まだまだ新鮮な驚きに満ちた面白い映画が出来ることを
証明してみせた、良い作品だと思います。


★★★★☆

 

 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 




スポンサーサイト

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

「シャッター アイランド」
シャッター アイランド
監督:マーティン・スコセッシ
2009年 アメリカ映画

shutter-island-1

孤島(シャッター アイランド)にある犯罪者の精神病院から、
一人の女性患者が失踪した。
厳重に管理された施設から、いかにして女性は姿を消したのか?
連邦保安官(レオナルド・ディカプリオ)は、
部下と共に島に上陸し捜査を開始する。
聞き取り調査を進めるディカプリオ
しかし、どうも皆、怪しい。何か隠しているようだ。
また、ディカプリオ自身も訳ありで、
何か他の目的があってこの島に来た様子である。
果たして、真相はいかに?
細かいところが書けないのが、この手の映画の辛いところである。

予告編では、やたら謎解きを強調していますが、
内容は幻想や悪夢が次々と登場するスリラー映画でした。
この映画は本で読んだ方が、断然面白いと感じました。
原作は「ミスティック・リバー」の著者、デニス・ルヘインの同名小説。
単行本ではラストの章が「袋綴じ」にされているそうです。

「袋綴じ」にするほどのラストでもないような気がしますが、
正気と狂気の境が次第に曖昧になっていく、不気味な話でした。

映画で言えば、もう一ひねり、あっても良かったと思います。
もうワンカット、ラストに入れておけば、
後味は大分違ったと、個人的には思います。

ディカプリオは狂気におちていく主人公を「怪演」しているのだが、
どうも私は、のめり込めなかった。
ディカプリオが頑張れば頑張るほど、醒めてしまった。
映画の主人公ではなく、ディカプリオとして見てしまうのだ。

映像は良かった。
冒頭の船上のシーンから、不気味な世界観がよく表現されていた。
島の風景も、建物も見事に物語にマッチしており、
このあたりはさすがマーティン・スコセッシ監督である。
重低音の音楽も、おどろおどろしさを盛り上げていて、大変良かった。

shutter-island-2
映画の中には暗号も出てきますが、
結局私には、よく分かりませんでした。
映画は読み返せないので、その場で理解するのは、
かなり難しいと思います。
原作が読んでみたくなります。


★★★☆☆

 

 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 




テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

「第9地区」
第9地区
原題: DISTRICT9
監督:ニール・ブロンカンプ
2009年 アメリカ映画

district9

この映画は面白かった。
ある意味「アバター」より凄い!
非常に斬新な映画である。

特撮で人を集められた時代は終わり、
特撮技術が当たり前になった今、
エイリアン映画の新たな幕開けを感じさせてくれる作品だった。
これはSF映画の名を借りた、社会派ムービーだ。
ワールドカップサッカーが南アフリカで行われる年に、
公開されるというのも、 非常にタイムリーだと思う。

1982年、ヨハネスブルグの上空に巨大な宇宙船が突如飛来する。
普通のSF映画ならば、ここでエイリアンが攻撃を仕掛けてきて、
人類存亡をかけた大戦争になるのですが、
この映画は、そうではなかった。
宇宙船の中に居たのは、侵略者としのエイリアンではなく、
大量の宇宙難民だった。
政府は仕方なく、人道的に?エイリアン達を、
地上の「第9地区」という居住区に収容し、保護することにする。
隔離され、エイリアン達がそこで生活を始めて28年。
現在の「第9地区」は荒廃し、スラムと化してしまった。
そこで政府は、エイリアン達を新たな居住区
「第10地区」に移すことにするのですが...
といった、
まるで星新一のショートショートに出で来る様な展開の話。

映画は、その様子をドキュメンタリータッチで描いていく。
遠い異国の話だからなのだろうか、
宇宙船が浮かぶ風景は全く違和感無く、
景色として成り立っており、
出し惜しみ無く登場するエイリアン達も、
実際にに存在しているようにリアルである。
逆に終盤では、人間の横暴さの方が許せなくなってきて、
グロイと思っていたエイリアンが、
とても愛おしく見えてくる。
このあたりは「E・T」ぽい演出で、
グッと来るものがある。
得意のアクションシーンもあるが、
オマケに思える。
それくらいメッセージ性の高い映画でした。

人種差別問題をエイリアンに置き換えて表現した
見事なプロットと特撮、
世間的にはB級映画なんだろうが、
良くできた映画だと思います。

district9-2
↑これが噂のエビちゃん


★★★★☆

 

 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 




テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

「アバター」
アバター
監督:ジェームズ・キャメロン
2009年 アメリカ映画

AVATAR. 

映画「アバター」を、やっと見ることができた。
見よう、見ようと思っていたのですが、なかなか時間をとることができず、ずるずると先延ばしになっていたのでした。
しかし、いよいよ4月2日で終了ということを知り、映画館で見る事ができるのは、これが最後ということなので、むりやり時間をさいて見に行った。
話題の映画だし、3Dは映画館で見なければ、意味がない。
割引は無いと思って出かけたのですが、レイトショー割引がついて1,000円+300円(3Dメガネ代)の1,300円で見ることかできた。
残り物には福がある。安く見られてラッキーだ。
さすがに最終日だけあって、館内はガラガラだ。
一番良い席を指定する。
どれどれ、これが3Dメガネか、
メガネの上からだと、しっくりしないな。
最後まで、我慢できるかな?

さて、見るとするか!

3Dメガネ

確かに凄い映像でした!
しかし、人間とは恐ろしいもので、どんなに素晴らしい映像でも、
5分もしたら慣れてしまいます。
大変なお金を掛けて製作したと思います。
もっと、ありがたく鑑賞しなければいけないですね。

3Dに関しては、もっと大げさに飛び出すかと期待していたのですが、そうでもなかったです。
しかし、あまり3Dを誇張すると、アトラクション映画になってしまうので、あれぐらいでちょうど良いのかもしれません。
時々、視点が合わない感覚に陥るシーンもあり、
まだまだ改良が必要だと思います。
3Dメガネはメガネの上から掛けると違和感があります。
メガネを掛けている人用の物も作ってほしいです。

先に文句ばかり書きましたが、やはり、3Dの技術は素晴らしいです。
見たというより体感したと言う感じです。
今後、このような3D映画がどんどん作られると思いますが、
この「アバター」こそ3Dによる映像新時代を決定的なものにした、
記念碑的な作品と呼ぶにふさわしいものだと思います。
今後、ますます3Dが進化し、メガネ無しでも見られるようになると
最高だと思います。

アバター」はSFアドベンチャーですが、
風景やスポーツ等の映像を3Dで撮っただけでも、
かなりの臨場感が楽しめると思います。

これでホラーを撮ったら怖いだろうな。
そのうち3Dエロ映画も出来るんだろうな。
可能性は無限大。
正に、映像新時代の幕開けです。

さて内容ですが。ストーリーも分かりやすく、子供向きです。
自然保護や反戦がテーマになっていますが、ありきたりです。
自分達の利益や考えに従わない異星人を、
人権も自然破壊も関係なく、問答無用で武力制圧する姿。
それはアメリカがやってきたこと、
そして今でも行い続けている事、そのものです。
この映画はアメリカの子供達に向けた
自戒のメッセージなのかもしれません。

アカデミー作品賞を逃したようだが、納得できる。
最初からアカデミー作品賞なんか狙っていない。
面白い映画を作りたかっただけだと思う。
タイタニックの興行記録を抜いたらしいが、
ヒットしてなんぼの世界である。
こんな大ヒット映画を作ってしまうジェームズ・キャメロン 監督は、
やはり凄いと思います。

しかし、2時間42分は長い。
もう少し短くしても良かったと思います。


★★★★☆

 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 



テーマ:3D映画!! - ジャンル:映画

「スペル」
「スペル」
原題: DRAG ME TO HELL
監督:サム・ライミ
2009年 アメリカ映画 
スペル 
近年では「スパイダーマンシリーズ」のヒットで、すっかりメジャー監督になってしまったサム・ライミ監督が撮った久々のホラー映画
今時、稀有なPG12ですらない、子供が観ても安心な?
「明るいホラー映画」でした。
しかし、ホラー映画の様式美や、人が生理的に嫌がる怖さのツボはしっかりと押さえてあり、ちょっとしたシーンにもサム・ライミ節を感じることが出来る、私にとっては楽しめた映画でした。
私には、これくらいの怖さが丁度良いです。

もっと怖く作ろうと思えば出来たのに、肝心の場面になると、あえてアメコミ風に作ってあり、怖さが抑えてあるように感じました。
昨今流行りの、残酷な「痛み」の描写によるホラー映画とは違い、ある意味、子供に観てもらうための、確信犯的なホラー映画であり、子供に「自分が良い思いをするために、人をおとしめると罰が当たるよ!」っていう教訓を与えるために作られた映画、という風に感じました。
スパイダーマンの大成功で世界的な名声を得てもなお、このようなB級ホラーを撮ってしまうサム・ライミ監督の心意気を感じ取る事が出来た映画でした。

ところで、サム・ライミ監督といえば、代表作は何と言っても「死霊のはらわた」です。
あれは本当に怖かった。
25年ぐらい前、私は映画館では無く、友人の家で、ビデオで観たのですが、それでも腰が抜けるほど怖かった。
恐がりの友人が、恐怖のあまり布団を被ってビビリまくっていたのが今でも思い出される。
作りものと分かっていても、怖いものは、やっぱり怖いです。

死霊のはらわた

あの頃はレンタルビデオ店が出始めた頃で、
(今では信じられない話であるが、1本レンタルするのに1,000円以上したような気がする)
貧乏学生が金を出し合ってビデオを借りてきて、その頃まだ珍しかったビデオデッキを持っている奴の家に集まり、
しょっちゅうビデオ上映会を開催したものだ。
(半分はエロビデオだったような気がする...いや、ほとんどそうだったかも)
今となっては懐かしい思い出です。

あの頃は、いろいろなものが新鮮で、毎日楽しかったなぁ。


★★★☆☆

 

 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 




テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

「2012」
2012
監督: ローランド・エメリッヒ
2009年アメリカ映画

2012

「インデペンデンス・デイ」等の「人類滅亡」大好き人間のローランド・エメリッヒ監督が手掛けたディザスター・ムービーです。
私は無料招待券でタダで観ましたので、あまり文句は言えませんが、他の映画レビューにもあるように、脚本が悪すぎです。
しかし、観る価値が無いとは言いません。
映像は見事です。怖いぐらいの大迫力です。
最新のVFX技術は凄いです。究極の天変地異映像。
DVDでは無く、映画館の大スクリーンで観るべきです。
今までで観た映画の中で、一番派手に地球を壊しています。

まず特撮ありきの作品で、監督も脚本が悪いことは百も承知で、割り切って制作していると思った。
これは「ディザスター・ムービー」なんだから、素直に「災害」を擬似体験出来ればいいのだ。そういう映画なのです。
それなのに中途半端な「人間ドラマ」や「家族愛」を織り交ぜるので、評価の悪い作品になってしまった。
どうせやるなら徹底的に割り切って、人間のエゴを全面に打ち出し、徹底的に破壊して、夢も希望も無い結末にした方がインパクトがあったと思う。
「人間ドラマ」は、滅亡後の方が気になる。

ところで、今年、日本では製作費は20億円をかけて「宇宙戦艦ヤマト」が実写で映画化されるという。
これだけ、物凄い映像の映画があるというのに、正にチャレンジャーだ。
貪欲で目の肥えた観客に、酷評されることが目に見えている。
草なぎ剛の主演でリメイクした「日本沈没」を観れば容易に想像できる。
今度は、木村拓哉が主演だそうだ。懲りないなぁ。
不得意分野で挑むぐらいなら、脚本をしっかり創り、得意分野のアニメで20億かけて新作を製作した方が、よっぽど良い作品が出来ると思うのだが、どうなのだろうか?

この映画の原案は、マヤ暦の最後の日付が2012年の12月21日であり、そこに何か黙示録的な事件が予言されているという考えが背景となっています。
この映画では、太陽のニュートリノが変異し、地球のコアを過熱。やがてその熱で地殻が崩壊を始め、わずか3日で地表が海中に没するという設定でした。なんじゃそれ!
ノストラダムスの予言の1999年の7月には 、幸いなことに何も起こりませんでしたが、2012年といえば2年後です。
地球の磁軸も2007以降、ロシア方向に65km/年のスピードでずれていると言うし、願わくばこれ以上地球温暖化も進まず、各国が協力して少しでも地球の寿命を延ばして頂きたいと思います。

2年後の世の中は、どうなっているのだろうか?
世界は、日本は、そして私は..。

良い事が一つも思い浮かびません。


★★★☆☆

 

 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 




テーマ:映画の感想 - ジャンル:映画

「イングロリアス・バスターズ」
イングロリアス・バスターズ
監督:クエンティン・タランティーノ
2009年アメリカ映画(R15+指定)

イングロリアス・バスターズ

上映当初、期間限定ではあるが「もし、面白くなければ 全額返金します!」という派手な宣伝で有名になった、クエンティン・タランティーノ監督の「イングロリアス・バスターズ」を見ることが出来た。
何を持って「面白くない」というのは難しいが、はっきり言って私には、あまり面白くは無かった。しかし「金を返せ」と言うほどでもない。
逆に、見所も沢山ある良い映画だったと思う。
ということは、結果、「面白かった」という事か?
内容を一言で言えば、トム・クルーズ主演でヒトラー暗殺計画を描いた「ワルキューレ」と対極するB級映画といったところだろうか。

ストーリー的には、最後のどんでん返しを期待したのですが、もう一ひねり欲しい物足りなさを感じました。
それが「面白くない」と感じた要因かもしれません。
タランティーノなら、もっと面白く出来たはずです。

しかし映像はとても綺麗で、なにより出演俳優の演技が皆、素晴らしかった。
特に冷酷なナチスの大佐を演じた、クリストフ・ヴァルツの演技は素晴らしい。
彼の怪演のおかげで、暴走するブラッド・ピットが霞んで見えるほどです。
クリストフ・ヴァルツ
さらに主役でもあるショシャナを演じた、メラニー・ロランも素晴らしかった。
一遍で彼女のファンになりました。
こんな素晴らしい女優に出会えたことは、この映画を見た一番の収穫です。
彼女には大女優になってほしいです。
メラニー・ロラン

全般的にレトロな感じに仕上がっており、B級ならではの遊び心も有り、分かるものからマニアックすぎて分からないものまで、様々なオマージュが散りばめられている映画です。
そう言った意味では、映画好きの方にはオススメかもしれません。

ちなみに、この映画は(R15+指定)で、殺戮シーンには、かなり迫力があります。


★★★★☆

 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 


テーマ:映画の感想 - ジャンル:映画

「小さな恋のメロディー」
最近はあまり映画を見ても感動しなくなったが、小学生だった頃ハマッタ映画があった。それは「小さな恋のメロディー」。
同世代の人は皆ハマッタと思う。今でもレコードを持っている。
小さな恋のメロディ1  小さな恋のメロディ3
 淀川長治さんが健在だった頃「日曜洋画劇場」で見たのが始めだったと思う。映画を観終わる頃には、もうすっかりメロディーちゃんの虜になっていました。
その頃、学校では下敷きに好きなスターの写真を入れる事が流行っていまして、皆、日本のアイドルの写真を切り抜いて入れていたのに、私だけ「トレーシー・ハイド」の写真を入れていた事を思い出す。
友達に自慢したいが為に、小遣い叩いて「スクリーン」という映画雑誌を買いに行ったものだ。
懐かしい。ときめいていたんだな~。
今ではこんなオヤジだけれど、このレコードを聴くたびに、私にもあんなピュアな頃もあったんだなぁと思い出される映画です。
使われている音楽もとても良い。特にクロスビー,スティルス,ナッシュ&ヤングの「ティーチ・ユア・チルドレン」はエンディングのトロッコのシーンが思い起こされて非常に良い。

トレーシー・ハイドも、もうすっかりお婆さんなんだろうなぁ~。


 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 


テーマ:お気に入り映画 - ジャンル:映画

エクソシスト

はじめて見に行ったホラー映画は「エクソシスト」だ。中学生だった。
その頃はまだ「ホラー映画」という括りはなく「オカルト映画」と呼んでいたと思う。もの凄く怖い映画があるという事で、試しに見に行ってみたのだが、本当に怖かった。さすがに途中で映画館を出たりはしなかったが、何度か本当に出ようかと思った。日本の「四谷怪談」は夜、トイレに行けなくなるほど怖いが、それとはまた別な感じで、上手く言えないが「映画」として怖かった。原作も勿論良いのだが映像、特に音響効果が素晴らしかった。映画としても傑作と言えると思う。
エクソシスト1  エクソシスト2 エクソシスト3
 その後「チューブラー・ベルズ」が聴きたくて。映画のサントラを購入したのだが、その時始めて「現代音楽」というものがある事を知った。何という「音楽」なんだろう!これぞ究極の「音楽」!人間の内面をこれほど表現している「音楽」はないと思う。特にこのレコードに収められている「クリストフ・ペンデレツキ」の楽曲はどれも素晴らしい。作者が意図したものかは解らないが、聴くたびに人間の持つ邪悪や孤独、絶望といった感情が溢れ出てくる。こういう「音楽」を作曲する人は正に天才と言えるだろう。
その後「現代音楽」に興味が湧いて何枚かレコードを購入してみたが、凡人にはどれを聴いても同じ感じに聞こえて、これを超える作品には出会う事は無かった。やはりこの楽曲を選曲したフリードキン監督が素晴らしかったのか?本も買って読んでみたが映画の方が断然怖かったような気がする。ただ、本の表紙の「絵」は怖い!表紙を見るたびに「怖さ」がちょっと蘇る。

 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ブルース・ブラザース

MP4動画を探していたら映画「ブルース・ブラザース」を見付けた。
懐かしいなぁ~。大好きだった!レコード(古!)も持っている。映画「ブルース・ブラザース」との出会いは偶然だった。その当時の映画は2本建てで、もう一本のメインの映画を見に行ったのに(その映画は忘れた)「ブルース・ブラザース」の方が断然面白く、ジェイク的に言うのなら「頭からケツまで雷が落ちた」様にシビレたものだ!それまでこういったミュージカル風?の映画を見たことがなかった事もあり、ブルースの持つ圧倒的なパワーに完全に打ちのめされてしまった。早速レコードを買い、カセットテープに録音し、黒い帽子を大須に買いに行った事を思い出す。たまたまその頃、中古車でアメ車のパトカーが売りに出されていて、本気で買おうと思ったほどだ。懐かしい!
Blues Brothers2  Blues Brothers1
 パンフレットでは製作は1981年となっているという事は、もう30年近く前の映画と言う事になる。が、今見てもそのパワーは衰えていない。ブルースは絆だ!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。