清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「シャッター アイランド」
シャッター アイランド
監督:マーティン・スコセッシ
2009年 アメリカ映画

shutter-island-1

孤島(シャッター アイランド)にある犯罪者の精神病院から、
一人の女性患者が失踪した。
厳重に管理された施設から、いかにして女性は姿を消したのか?
連邦保安官(レオナルド・ディカプリオ)は、
部下と共に島に上陸し捜査を開始する。
聞き取り調査を進めるディカプリオ
しかし、どうも皆、怪しい。何か隠しているようだ。
また、ディカプリオ自身も訳ありで、
何か他の目的があってこの島に来た様子である。
果たして、真相はいかに?
細かいところが書けないのが、この手の映画の辛いところである。

予告編では、やたら謎解きを強調していますが、
内容は幻想や悪夢が次々と登場するスリラー映画でした。
この映画は本で読んだ方が、断然面白いと感じました。
原作は「ミスティック・リバー」の著者、デニス・ルヘインの同名小説。
単行本ではラストの章が「袋綴じ」にされているそうです。

「袋綴じ」にするほどのラストでもないような気がしますが、
正気と狂気の境が次第に曖昧になっていく、不気味な話でした。

映画で言えば、もう一ひねり、あっても良かったと思います。
もうワンカット、ラストに入れておけば、
後味は大分違ったと、個人的には思います。

ディカプリオは狂気におちていく主人公を「怪演」しているのだが、
どうも私は、のめり込めなかった。
ディカプリオが頑張れば頑張るほど、醒めてしまった。
映画の主人公ではなく、ディカプリオとして見てしまうのだ。

映像は良かった。
冒頭の船上のシーンから、不気味な世界観がよく表現されていた。
島の風景も、建物も見事に物語にマッチしており、
このあたりはさすがマーティン・スコセッシ監督である。
重低音の音楽も、おどろおどろしさを盛り上げていて、大変良かった。

shutter-island-2
映画の中には暗号も出てきますが、
結局私には、よく分かりませんでした。
映画は読み返せないので、その場で理解するのは、
かなり難しいと思います。
原作が読んでみたくなります。


★★★☆☆

 

 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 




スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

「めざせ!ロック・ギタリスト」⑤「デトロイト・ロック・シティ」
NHKの趣味講座、新シリーズ
「めざせ!ロック・ギタリスト」が始まって一ヶ月が経つ。
エレキギター初心者の私には、今年最大の注目番組である。
こういう番組を待っていたのですよ。
NHKさん、ありがとう。

めざせ!ロックギタリスト

今年は楽しみが増えました。
第1回目から、毎週欠かさず録画して見ています。
講師は、ヨッちゃんこと野村義男さん。
生徒は「ますだおかだ」の増田さん。
内容は、エレキギター初心者の増田さんがヨッちゃんの指導により、
2カ月であのCharの名曲「SMOKY」を弾けるようにするという、
ギタープレイヤーが仰天するような企画です。
まあ、あの「SMOKY」を完璧に弾きこなすのは
多分無理だと思いますが、
エレキギターに埃が被っていた私には
もってこいの番組です。

4月26日、第5回目の放送の練習曲は
キッスの「デトロイト・ロック・シティ」だった。
懐かしい~。
先週はドゥービー・ブラザーズロング・トレイン・ランニン」だったし、
オッサンにはたまらない選曲である。

Detroit Rock City

バンド演奏のコーナーのメンバーがまたスゴイ。
ベースは元C-C-Bの渡辺英樹さん、
ドラムは元JUDY AND MARYの五十嵐公太さんだ。
こんな人達とバンド演奏が出来るだけで幸せだと思います。

いよいよ来週は
イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」が練習曲として登場する。

待ってました!
来週が待ちきれない!!


 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 

テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

「テロリストのパラソル」 藤原伊織
テロリストのパラソル
藤原伊織 1995年作

テロリストのパラソル


史上初の江戸川乱歩賞と直木賞のダブル受賞作品。
日本を舞台にしたハードボイルドのお手本となるような作品。
話のテンポが良く、登場人物も魅力的で会話もクール。
これぞ、ハードボイルドというスタイルを最後まで貫いていて、
読後感も暗い感じは残さず、すっきりとしています。

たまには、こういう作品を読むのも良いものだ。

主人公はかつて学生運動に従事し、
その時、友人と起こした爆弾事件によって
指名手配の身になっている中年男。
それから約20年、男は身を潜め、名前を変え、 現在は都会の片隅で
ひっそりとバーテンダーをやっているのですが、
逃亡生活の間、彼はすっかりアルコール中毒になってしまっていた。
ある日、彼がいつものように昼間から公園で酒を飲んでいると、
目の前で死傷者多数の大惨事となる爆弾テロ事件が発生する。
男は危うく難を逃れるのだが、現場に酒瓶を置き忘れてしまう。
その酒瓶には彼の指紋が...。
かくして、男は再び警察から追われる身になってしまうのだった。 
という展開の話。

全共闘だの、安田講堂だのいわれても、
最近の人にはぴんとこないかもしれませんが、
学生運動の時代を生きた人達なら、
多分、共感するところが多いのではないでしょうか。
ちなみに私も平和な90年代の大学しか知りません。
しかし、先輩から当時の自慢話を聞かされたことはあります。
得意げに話す先輩が、なんか羨ましかったです。
あの時代の学生は、本気で物事を考えていたのだと思います。

この小説の主人公の男も、今でこそアル中のバーテンですが、
東大出身の元過激派という設定なので、
作品の中には「知的な」雰囲気が溢れている。
かつて国家と闘ったインテリの発する言葉は、
落ちぶれたとはいえ、よくハードボイルドにありがちな
孤独な私立探偵などとは重みが違います。
それは嫌みのようなインテリさではなく、
ごく自然に小説全体に漂っており、文学的ですらある。
暴力シーンばかりのハードボイルドではなく、
醸し出されるこの「知的な」香りこそが、
この小説の最大の魅力だと思います。

都合の良い展開と思われる節も多々ありますが、
緻密に計算された伏線と気の利いたセリフ、
そして最後に分かる「テロリストのパラソル」という
タイトルの意味するところ。
なかなか良くできた作品だと思いました。

この作者は2007年に亡くなられてしまったのですね。
59歳だったそうです。
こういう小説はセンスがないと、なかなか書けないと思います。
ご冥福をお祈り申し上げます。


★★★★☆


 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

狂犬病の予防接種
昨日は、新之助の狂犬病の予防接種に行った。
公民館に行ってみると、そこには既に多くの犬達が集まっていた。
いつもは、物凄く抵抗するのですが、
今年は、新之助が他の犬に気を取られているうちに、
獣医さんが上手に注射してくれたので、
新之助は全く気が付かない様子だった。
よかった。よかった。

新之助220421B

しかし、いつも思うことなのですが、
なぜ毎年、狂犬病の予防接種をしなくてはならないのだろうか?
一度ワクチンを接種すれば、体に免疫ができて、
二度と病気にならないのではないのか?
それとも、インフルエンザのように、
毎年違う型の狂犬病が発生しているのだろうか?

良く分からない。

狂犬病が極めて危険な病気で、
法律で接種が義務付けられているのは、よく分かっていますが、
なんか納得できない処もある。
毎年、ワクチンの副作用で亡くなっているワンちゃんも
沢山いると聞きます。
その裏では、製薬会社や獣医師会が結託して、不必要な予防接種で
利益を上げているのではないかと疑いたくなります。
本当に1年で効力が切れてしまうのだろうか?
そのへんハッキリしてくれないかなぁ。

まあ、いいか。安いし、法律で決まっているのだから仕方ない。

車で来たし、予防接種がすんなり終わったので、
久しぶりに新舞子に行ってみた。

すごく良い天気だった。
堤防に出ると、結構風が強く吹いていた。
シンボルの風車も勢いよく回っている。

新之助220421  風車
 

ヤッパ海は、いいなぁ。

新舞子220421B

暖かくなってきたし、久しぶりに釣り行きたいなぁ。


 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

「第9地区」
第9地区
原題: DISTRICT9
監督:ニール・ブロンカンプ
2009年 アメリカ映画

district9

この映画は面白かった。
ある意味「アバター」より凄い!
非常に斬新な映画である。

特撮で人を集められた時代は終わり、
特撮技術が当たり前になった今、
エイリアン映画の新たな幕開けを感じさせてくれる作品だった。
これはSF映画の名を借りた、社会派ムービーだ。
ワールドカップサッカーが南アフリカで行われる年に、
公開されるというのも、 非常にタイムリーだと思う。

1982年、ヨハネスブルグの上空に巨大な宇宙船が突如飛来する。
普通のSF映画ならば、ここでエイリアンが攻撃を仕掛けてきて、
人類存亡をかけた大戦争になるのですが、
この映画は、そうではなかった。
宇宙船の中に居たのは、侵略者としのエイリアンではなく、
大量の宇宙難民だった。
政府は仕方なく、人道的に?エイリアン達を、
地上の「第9地区」という居住区に収容し、保護することにする。
隔離され、エイリアン達がそこで生活を始めて28年。
現在の「第9地区」は荒廃し、スラムと化してしまった。
そこで政府は、エイリアン達を新たな居住区
「第10地区」に移すことにするのですが...
といった、
まるで星新一のショートショートに出で来る様な展開の話。

映画は、その様子をドキュメンタリータッチで描いていく。
遠い異国の話だからなのだろうか、
宇宙船が浮かぶ風景は全く違和感無く、
景色として成り立っており、
出し惜しみ無く登場するエイリアン達も、
実際にに存在しているようにリアルである。
逆に終盤では、人間の横暴さの方が許せなくなってきて、
グロイと思っていたエイリアンが、
とても愛おしく見えてくる。
このあたりは「E・T」ぽい演出で、
グッと来るものがある。
得意のアクションシーンもあるが、
オマケに思える。
それくらいメッセージ性の高い映画でした。

人種差別問題をエイリアンに置き換えて表現した
見事なプロットと特撮、
世間的にはB級映画なんだろうが、
良くできた映画だと思います。

district9-2
↑これが噂のエビちゃん


★★★★☆

 

 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 




テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

「白夜行」 東野圭吾
白夜行
東野圭吾 1999年作

白夜行

いやぁ~長かった。
ていうか、本が分厚い。ポケットに入らない。
上下巻に分けた方が良いと思います。
通勤で読むのは大変だ。本を手に取る気分になれなくて、
読み終えるのに、凄く時間がかかってしまった。

内容は、大阪の下町で起きた殺人事件の、
被害者の息子と容疑者の娘の、
1973年から1992年までの19年間の「生き様」の記録だ。
さすがにベストセラーになった小説だけあって凄い内容でした。

小学、中学、高校、大学、社会人、そして結婚等、
19年間には、 様々な出来事が起こる訳ですが、

男の方は、とんでもない悪いことばかりして大人になっていく。
女の方は、美人で優秀なのですが、どうも怪しい。恐ろしい。

物語は、それぞれの人生を別々に描いています。
こういう風に書くということは、
いつか二人は出会うだろうと、読者は思うのですが、
最後まで二人は出会いません。

不気味な話である。

また、物語が第三者の視点で書かれているので、
主人公の心の動きが読者には分かりません。
数々の事件が起きますが、どのように犯行が行われたのか、
明確にされていないので、真相もよく分かりません。

しかし、記述から察すると、この男が、この女が、
犯行に関与していることは間違いなさそうです。

肝心なところか書かれていないので、
不気味さが、どんどん膨らんでいきます。
そこがこの小説の上手いところです。

読み進めていくと、どうも二人には繋がりがあるようです。
しかし、最後まで二人の関係は謎のままです。

まったく、じれったい小説です。

何年か前にテレビドラマ化されているようですが、
ドラマでは、どんな感じで描かれているのだろう?

二人が生きた19年間の時代背景なども記述されてあり、
ちょっとした「裏昭和史」みたいになっているので、
思い入れしやすいのですが、
その時代ごとに新たな登場人物が出てくるので、
その都度、名前を覚えなければならない。

いらいらする話だ。

何度、先に結末を読んでしまおうかと思った事か。

男はなぜそこまで女に尽くすのか?
女はどこまで男を愛していたのか?

真実は読者に委ねられています。

人の心を失った故の悲劇を描いた
「救い」の無い小説でしたが、
個人的には、
そこには二人だけの「約束」、
「一途な愛」があったと信じたいです。

こんな小説を書く東野圭吾は、恐ろしい作家だ!

★★★★☆


 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

お堀の桜
一昨日も名古屋で仕事だった。
車で移動中、時間があったので少し遠回りをして、
名古屋城の近くまで車を走らせた。

名古屋城

まだまだ花見客も多そうだ。
お堀のが見事だった。
城内は有料なので、
車窓からパチリ!

やっぱ、ガラス越しの撮影だと、画面が暗いな。
でも、せっかく撮ったんだからアップしておくか。

堀の桜

いい天気だった!


 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 

テーマ:季節を感じる - ジャンル:ライフ

タケノコの季節
後輩からタケノコを貰った。
もう、そんな季節か。
タケノコは「筍」とも書くらしい。
正に、旬の食べ物である。

タケノコ 

我が家では、あまりタケノコを食べないので、
半分以上、親にあげてしまった。
タケノコはアクを取るのが面倒くさい。
毎年、あちこちからタケノコを貰う。
しばらくタケノコが入った料理が続くだろう。
旬の時ぐらい、旬の食べ物を頂くとするか。


 

 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 

テーマ:季節を感じる - ジャンル:ライフ

月500円で毎日、讃岐うどんが食べられる ◎はなまる
今日は昼食で「はなまるうどん」へ行った。
店頭にポスターが貼ってあった。

今だけのオイシイ話
月500円で
毎日、讃岐うどん
食べられる。


なんだって!
それは確かにオイシイ話である。

良く読むと内容は、
500円で「うどん定期券」なるものを購入すると、
期間中は毎日一回、
かけうどん(小)なら無料!
あるいは、すべてのうどんが105円引き
というものであった。

うどん定期券


いろいろと考えるものである。
讃岐うどん業界も激戦だからなぁ。
うどん屋の前にうどん屋がオープンしたりして、
「○○製麺」という店が林立している状態です。

このサービスは今年で5年目だそうです。
券を買った人は、少なくとも一ヶ月は、その店に来る訳で、
客の囲い込みには、良い作戦だと思います。

近くに「はなまるうどん」がある人は、買ってみてはいかがでしょうか。
私の場合、家のすぐ近所に「丸亀製麺」があるので、
どうしょうか迷ってしまいます。
わざわざ行くのも面倒だし、
月に5回以上行く人は元が取れると思います。

もし近くにあったら、夜食代わりに、毎日行ってやるのに。


 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 

テーマ:こんなのがあったなんて!! - ジャンル:グルメ

「アバター」
アバター
監督:ジェームズ・キャメロン
2009年 アメリカ映画

AVATAR. 

映画「アバター」を、やっと見ることができた。
見よう、見ようと思っていたのですが、なかなか時間をとることができず、ずるずると先延ばしになっていたのでした。
しかし、いよいよ4月2日で終了ということを知り、映画館で見る事ができるのは、これが最後ということなので、むりやり時間をさいて見に行った。
話題の映画だし、3Dは映画館で見なければ、意味がない。
割引は無いと思って出かけたのですが、レイトショー割引がついて1,000円+300円(3Dメガネ代)の1,300円で見ることかできた。
残り物には福がある。安く見られてラッキーだ。
さすがに最終日だけあって、館内はガラガラだ。
一番良い席を指定する。
どれどれ、これが3Dメガネか、
メガネの上からだと、しっくりしないな。
最後まで、我慢できるかな?

さて、見るとするか!

3Dメガネ

確かに凄い映像でした!
しかし、人間とは恐ろしいもので、どんなに素晴らしい映像でも、
5分もしたら慣れてしまいます。
大変なお金を掛けて製作したと思います。
もっと、ありがたく鑑賞しなければいけないですね。

3Dに関しては、もっと大げさに飛び出すかと期待していたのですが、そうでもなかったです。
しかし、あまり3Dを誇張すると、アトラクション映画になってしまうので、あれぐらいでちょうど良いのかもしれません。
時々、視点が合わない感覚に陥るシーンもあり、
まだまだ改良が必要だと思います。
3Dメガネはメガネの上から掛けると違和感があります。
メガネを掛けている人用の物も作ってほしいです。

先に文句ばかり書きましたが、やはり、3Dの技術は素晴らしいです。
見たというより体感したと言う感じです。
今後、このような3D映画がどんどん作られると思いますが、
この「アバター」こそ3Dによる映像新時代を決定的なものにした、
記念碑的な作品と呼ぶにふさわしいものだと思います。
今後、ますます3Dが進化し、メガネ無しでも見られるようになると
最高だと思います。

アバター」はSFアドベンチャーですが、
風景やスポーツ等の映像を3Dで撮っただけでも、
かなりの臨場感が楽しめると思います。

これでホラーを撮ったら怖いだろうな。
そのうち3Dエロ映画も出来るんだろうな。
可能性は無限大。
正に、映像新時代の幕開けです。

さて内容ですが。ストーリーも分かりやすく、子供向きです。
自然保護や反戦がテーマになっていますが、ありきたりです。
自分達の利益や考えに従わない異星人を、
人権も自然破壊も関係なく、問答無用で武力制圧する姿。
それはアメリカがやってきたこと、
そして今でも行い続けている事、そのものです。
この映画はアメリカの子供達に向けた
自戒のメッセージなのかもしれません。

アカデミー作品賞を逃したようだが、納得できる。
最初からアカデミー作品賞なんか狙っていない。
面白い映画を作りたかっただけだと思う。
タイタニックの興行記録を抜いたらしいが、
ヒットしてなんぼの世界である。
こんな大ヒット映画を作ってしまうジェームズ・キャメロン 監督は、
やはり凄いと思います。

しかし、2時間42分は長い。
もう少し短くしても良かったと思います。


★★★★☆

 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 



テーマ:3D映画!! - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。