清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ファントム・ピークス」北林一光
「ファントム・ピークス」
北林一光 2007年作

ファントム・ピークス


読みやすく、ページ数も少ないので、
あっという間に読み終えることが出来ました。
序盤は、スリリングな展開で、ぐいぐい読ませますが、
真相が明らかになってからは、ちょっと期待はずれ。
ノンフィクションに近いサスペンス小説でした。
私は勝手に、もっとスゴイ、想像を絶する
未知の怪物が現れる話かと思っていました。

でも決して面白くない小説ではありません。
ネットで調べてみると、著者は既に亡くなられているようで、
それが極めて残念です。
これだけの小説を書いた人なのだから、
生きていれば、もっと、もっと、
面白い小説を沢山書けた人だろうと思います。




★★★☆☆




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ      
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 


スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

「天狼星」栗本薫
天狼星
栗本薫 1986年作

天狼星


栗本薫のミステリーということで、読んでみましたが、
多彩な才能を持つ著者が
ストレス発散のために書いたって感じで 、
内容はイマイチ。
しかし著者は、かなりの探偵小説マニアだけあって、
探偵小説特有のエログロな感じは、よく出ていました。

天狼星は、おおいぬ座のシリウス
今回、小説に登場する怪人の名前です。
シリウスは、オリオン座のベテルギウス、こいぬ座のプロキオンと共に
冬の大三角を形作る星で、
空に輝く恒星の中で二番目に明るい星だそうです。




★★★☆☆




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ      
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

信号無視で捕まりました。とてもブルーな気分です。
やっちまいました。

信号無視で捕まりました。

普段は電車で移動しているのですが
その日はとてもタイトなスケジュールだったので
久しぶりに車で移動していたら、
警察官の目の前で、やっちゃいました。

青キップ


黄色で突っ込んだんだけど、
やっぱ、ギリギリアウトだったかなぁ。

反省です。

結局、打合せには遅刻してしまいました。

反省です。

この前、捕まったのは、ブログを見ると
三年前にシートベルトで捕まっています。

信号無視は反則点、2点。罰金9,000円でした。

ただでさえ8月はお金がピンチなのに、
罰金は非常にイタイです。

反省です。

ゴールド免許への道は遠いです。

これも神様の思し召し、
気が緩んでいたと反省して、
今後は安全運転に心掛けます。




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。








テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

鷲ヶ岳高原ゴルフ倶楽部
今年のお盆は例年通り、地元の仲間と泊まりでゴルフに行った。

鷲ケ岳高原ゴルフ倶楽部4

今回プレーしたのは「鷲ヶ岳高原ゴルフ倶楽部」。

鷲ケ岳高原ゴルフ倶楽部1


愛知県人としては鷲ヶ岳は、
昔からスキー場として馴染みのある場所です。

鷲ケ岳高原ゴルフ倶楽部3


標高約900メートル。

地獄の暑さの名古屋と比べたら、天国。

鷲ケ岳高原ゴルフ倶楽部2

途中、雷雨があったりして、あいにくの天気でしたが、
気のおけない仲間と酒を飲みながら
楽しくゴルフを楽しむことが出来ました。

鷲ケ岳高原ゴルフ倶楽部5

夕食が、フレンチのフルコースだったのには驚きました。
おっさんにはモッタイナカッタです。
泊まりということで、酒もよく飲んだ。飲んだ。

ゴルフのスコアは、いつも通りイマイチ。

今後の戒めのために、
スコアを記録しておく。

OUT53+IN54=107

恥ずかしー。
今後、1打でも縮められるようにガンバリます。




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。








テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

未来を予知する者
未来を予知する者には、
超能力者、占い師、霊能者、宗教者等がいますが、
そのことについて、以下は、京極夏彦の小説
魍魎の匣」の中で「京極堂」が語った蘊蓄の一説です。

超能力者とは、
特別な能力を生来身につけている者。体質であり、目的は無い。
未来を予測して外れると超能力者では無くなってしまうので、
未来を予言するのは命取りである。

占い師とは、
占術の理論を学び習得した者。もちろん営利目的である。
未来を予測することが可能で、当たれば儲けもので、
外れた時は占いによって危険を察知し、
警戒する事で運勢か変わったということにしておけば良い。

霊能者とは、
その特種技能により霊能者自身が神となりうる者。
人々の救済を目的とし、救済行為を無償で行った場合を除けば、
営利目的といえる。
未来を予知しているように見えるが、
厳密に言えば、未来を予知しているのではなく、
今後悪いことが起こらないためには、何をするべきなのか等に、
話をすり替えている場合が多い。
悪い未来から逃れるために、お札や魔除けの品を
購入しなければならない場合がある。

宗教者とは、
信仰に伴った布教を目的とする者。
真摯な信仰心の現れとしての修行の結果、特別な力が授かった者。
予言者ではなく、預言者。
未来を予測して、
もし外れたら神様の面子が丸潰れになってしまうので、
本来、予言行為は行わない。
神様自身の予言も、同時代人には確認が不可能な
何千年も先の予言ばかりである。
たとえ、入信させる為に予言を行ったとしても
信仰によって信者自身が幸せを手に入れたと
思わせることができれば、
先に行った未来予知など、当たろうが外れようがどうでもよい。
その人は既に、幸せな一生を手に入れたのだから。
信じる者は救われる。

てな具合である。

実に面白い。

魍魎の匣2


まぁ、とにかく、
未来を予測することなんか不可能なんだから、
軽々しく未来を予言する奴らは怪しいと言うことですね。





にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。









テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

「魍魎の匣」京極夏彦
魍魎の匣」
京極夏彦 1995年作

魍魎の匣1


映画化されているから知っている人も多いと思います。
私もその中の一人です。
遅ればせながら読んでみて、

やっぱスゴイ!

ただし、前作同様、読む人を選びます。
こういう世界が嫌いな人には、何が面白いのか
全く理解出来ない小説だと思います。

小酒井不木や海野十三など、
戦前の怪奇SF小説を彷彿とさせる独特の世界は、
現代の作家が書いた作品とは到底思えません。

相変わらず薀蓄が長いです。
しかし、今回の薀蓄は、分かりやすく、なかなか面白かったので、
この際だから、私なりにちょっと、かいつまんで
次回、紹介しておきたいと思っています。

さあ、次は「狂骨の夢」だ。




★★★★☆




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ      
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

「水の殺人者」折原一
「水の殺人者」
折原一 1993年作

水の殺人者


「リスト」に名前が記載された人物が次々と殺されていくという
「殺人リスト」を巡るサスペンス小説。

各章が殺される人物を中心に描かれており、
それが次のリストに繋がっていく構成がニクイです。

凝っているのは、最初に「リスト」を作った人物が、
すでにこの世には、いないという事です。
では、殺人を行っているのは誰?

最後は少し、はしょった感じですが、
なかなかよく練られて書かれていました。

二時間ドラマにしたら、かなり面白いと思います。




★★★★☆




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ      
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

「失踪者」折原一
「失踪者」
折原一 1998年作

失踪者


なかなか読み応えのある本だった。
よく練られて書かれています。
よくもまあこんなストーリーを考えついたものだと思います。
著者は、よっぽど頭の良い人だと思います。
いつもそうですが、途中で分けが分からなくなります。
最後もスゴイです。
でもなんか
いつもそうなんですが
しっくりこないです。

それが氏の魅力なのかもしれません。




★★★★☆




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ      
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

「検屍官」パトリシア・コーンウェル
検屍官
パトリシア・コーンウェル 1990年作

検屍官


紹介されて、ずいぶん前に読みました。
作者のデビュー作で、女性検屍局長ケイ・スカーペッタが
難事件に挑む 「検屍官シリーズ」の一作目です。

検屍官が主人公という事で残虐なシーンを期待して
読んだのですが、たいした事はありませんでした。
また、私にはちょっと話の展開がスローに感じました。

そして、なによりも残念だったのは、
今から20年以上も前の作品なので、
発表当時は最先端だったであろうDNA鑑定等の科学捜査も、
現在においては、全く新鮮味が無くなってしまっているという事です。
やっぱ、この手の小説は旬の時に読まなければなりませんね。

そう、20年後にやっと読んだ私が
偉そうな事を言う資格は全くありません。
そうだ! そうだ!

勉強になったのは、犯罪捜査でタバコの吸殻などから、
全ての人間から血液型鑑定できると思っていましたが、
鑑定できない人も多数存在するという事です。

それは「非分泌型」というタイプの人間で、
唾液等の分泌液の中に血液型物質を有していないタイプの人間で
約2割が「非分泌型」タイプの人間だという事です。

へーっ。
そう聞くと、自分がどのタイプなのか気になってきます。

しかし、全く分泌されていない訳では無く、
極微量のため検出されない という事なので、
技術が進歩した現在では鑑定できるのかもしれません。




★★★☆☆




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ      
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

「メドゥサ、鏡をごらん」井上夢人
「メドゥサ、鏡をごらん」
井上夢人 1997年作

メドゥサ、鏡をごらん


途中まで真相が分からず、ぐいぐい読ませます。
この人は本当に文章が上手い。

最後は、どうなるのだろうと期待して読みましたが、
途中から鈴木光司氏の「リング」のような感じになってきます。

これが「リング」より先に書かれた作品なら、
さすが、と思いますが、後作ではねぇ。

私は、ホラーも大好きだけど、本作においては、
これだけ不可思議な出来事を連発させたのだから、
最後はミステリーの様にスッキリと謎を解いて欲しかったです。

読み物としては、最高に面白いです。

こんなに面白い小説なのに、
ミステリーぽくホラーを書いてしまったのが
評価が上がらない一因だと思います。
ホラーなら、もっと怪奇にやった方がよかったと思います。

いろいろ書きましたが、

嫌いじゃないです。

幻想小説として読めば最高の部類に入ると思います。




★★★★☆




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ      
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

「赤い指」東野圭吾
「赤い指」
東野圭吾 2006年作

赤い指


私としては初めて読む加賀恭一郎シリーズです。
ページ数が少ないので、あっという間に読む事ができます。

面白かったです!

さすが、東野圭吾
ハズレがないですね。

本作も、いきなりエグイ事件から始まります。

ホント、こういう事を書かせたら天下一品だな。

このドキドキ感がたまりません。

一気読み間違い無しです。

加賀刑事個人のエピソードも描かれており、
なかなかの一品に仕上がっています。




★★★★☆




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ      
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

はま寿司のあおさの味噌汁はウマイ!
近所に、はま寿司が出来てから半年ぐらい経った。

はま寿司

オープン当初は混雑しているだろうと思って、行かなかったが、
いばらく経ってから行って、
最近は、大のお気に入りの店になった。

はま寿司は、安い!
平日一皿90円。
90円なら、まぁ、許せる味である。

携帯会員になれば、時々、一皿無料になる事もしばしば。
そして、なんといっても会員になれば、
あおさの味噌汁
無料で食べられるのが最大の魅力である。

あおさの味噌汁

よそで、あおさの味噌汁を食べたことが無いので、
比較出来ないが
この、あおさの味噌汁が濃厚で結構ウマイ!

お盆期間中は、一皿100円になってしまうので行かないが、
盆が明けたら、また
あおさの味噌汁目当てで行っちゃいます。




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。








テーマ:美味しくて、オススメ! - ジャンル:グルメ

月間一万歩継続中
月間歩数一万歩に挑戦!

継続中です。

6月歩数


7月歩数

6月、7月も、ぎりぎりクリアー出来ました。

ふっーっ。

やってみて分かった事は、

ウォーキングは、

冬より夏の方がキツイと言う事!

もう、毎日、

汗だくです。

おかげで、エアコンに当たり過ぎて、

夏風邪をひいちゃいましたよ。

8月は、お盆もあるし、
いよいよダメになるかもしれません。

ここまできたら年内は継続したいなー。




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。






テーマ:ウォーキング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

冷凍うなぎ
お中元で、

うなぎが届いた。

うなぎ 


ヤッター。

今年はうなぎの稚魚のシラスウナギの不漁で、
うなぎの価格が高騰し、
貧乏な我が家では、
もはや今年はうなぎを食べる事は不可能と思っていた矢先、

なんてウレシイ贈り物なんででしょう。

さすが、
オイラの欲しい物が分かってらっしゃる。

ホント、ありがとうございました。




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。







テーマ:お取り寄せグルメ - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。