清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
懐かしい!伊藤博文の1,000円札
昨日は仕事で一宮方面まで車で行った。
朝、コンビニ(ローソン)で、おにぎりを買った時、あいにく小銭が無かったので10,000円札で支払うと、店員のオヤジが、
「おつりに古い紙幣が混じっていても良いですか?」
と言った。私は、急いでいたので、何も考えずに、
「いいですよ」
と答えると、なんと、渡されたのは伊藤博文の1,000円札だった。

懐かしい!
久しぶりに見た!

夏目漱石の1,000円札でも、最近あまり見なくなったと言うのに、
伊藤博文の1,000円札なんて...。
いまだに、こんな紙幣が流通しているなんて、信じられない!

伊藤博文1000円札
   「こういうものは「見本」と書かなければいけないのかな?
    何かあったらヤバイので、とりあえず表示しておきます。」

しかし、困ったぞ。
古い紙幣でも使えるはずだが、今度自分が使う時は不便である。
その時、レジの中を見たら
1,000円札が束になって入っているのが見えた。
くそっ! 1,000円札が足りないのではなく、
この古い紙幣を誰かに渡したいだけなのだ!
このクソオヤジめ!と思ったが、急いでいたし、私は「いいですよ」と言ってしまった手前、断るわけにもいかず店を出てしまった。
こんな店(ローソン)二度と来るか !

仕事を済ませ、取引先のお姉ちゃんと世間話をしていたら、今朝の事を思い出した。
私は財布の中から、例の伊藤博文の1,000円札を取り出すと、
「今朝コンビニに行ったら、こんなお札をもらった」
と言ってお札を見せた。するとお姉ちゃんは、
「えぇぇ。なにこれ。初めて見たぁ」
と言って驚いていた。私は、
「また、また、とぼけて。でも懐かしいだろう」
と言うと、
「私は野口英世の1,000円札しか知りません!」
と、きっぱり言われてしまった。

「えっ」と思ったが、まんざら嘘でもないらしい。
よく考えてみると、もう今年は平成22年である。
伊藤博文から夏目漱石に変わったのが昭和の末期だったような気がするので、25・6のお姉ちゃんは伊藤博文の1,000円札を本当に知らないのかもしれない。

昭和は遠くなりにけり

私は、なんだかガックリしてしまったので、「上げるよ!」と格好付けて、その1,000円札をお姉ちゃんに上げて取引先を出た。

こんなことなら飲み屋のお姉ちゃんに見せればよかった。
そうすれば、もっと盛り上がっただろうに。
いまだに10,000円札と言ったら、聖徳太子をイメージしてしまう
「清貧おやじ」なのでありました。

 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいいこと - ジャンル:ライフ

コメント
コメント
その博文さん、もうちょっと保管しておけばそのうち「古銭」の類になり、売れば結構な金額になったかも・・・。
博文さんにもご無沙汰だけど、かの源氏物語(2千円札)はどこ行っちゃったんでしょうねぇ。
私、1枚だけ持ってますが、「来る時」のために大事に保管しております。せめて1万円くらいにはなかないかとw

紙幣の顔になる人って、誰が決めるんでしょう?
国民投票はなかったですよね。
1万円が聖徳太子から諭吉になった時、貨幣価値が下がったようで抵抗を感じましたw
旧5千円札のオッサンなんか、「武士道」(本)が流行るまで名前すら知らなかった~。
2010/02/01(月) 11:32:06 | URL | とんがりねずみ #IHLSsbW6 [ 編集 ]
やっぱ、一万円札は聖徳太子ですよね
とんがりねずみ様
コメントをありがとうございます。
そうですね。
取っておけばよかったかもしれませんね。
しかし、価値が出る頃には、私はもうこの世からオサラバしているかもしれません。
二千円札も見なくなりましたね。
それこそコンビニでもらったときは、ビックリしたものです。
お札になる人は、偉い人で、かつ難しい顔の人が選ばれていると聞いたことがあります。
やっぱ、一万円札は聖徳太子ですよね。
そして天皇陛下は、やっぱ昭和天皇です。
今の天皇は、私の中では、いまだに皇太子です。
2010/02/01(月) 23:19:56 | URL | 清貧おやじ #27oFWF9A [ 編集 ]
なになに、古いおさつですか、懐かしいですね、それを仕事先であげてしまう、貧乏の割りにどうしたのかな、下心があったのか、綺麗な人、まあとにかく、夜の飲み屋であげるよりは、お金がかからず、それはそれで、正解だと思いますよ、私も机の中に千円札一万円札5百円札があります。タンス預金なんですが、小額のため使うよりも懐かしいさで、持っていますよ。
2010/02/02(火) 07:09:26 | URL | ガッツです #- [ 編集 ]
下心みえみえでしたね。
ガッツ様
コメントをありがとうございます。
古いお札のことを知っているとは、ガッツさんも私と年代が近いとみえる。

下心みえみえでしたね。
こういうのは、かえって逆効果で、今頃、陰口を言われているかもしれません。
金もないのに見栄を張ってしまって、
反省です。
2010/02/03(水) 01:07:23 | URL | 清貧おやじ #27oFWF9A [ 編集 ]
やっぱりみんな、おやじだね。
 ブログを読んだ瞬間、「聖徳太子」に反応したぼく。みなさんのコメントを読むと、やっぱり。
 だって、みなさんの初任給は聖徳太子の3枚か4枚、5枚かな? 今の諭吉と「貨幣価値」が大きく違ったのですから、憧れの聖徳太子さまだったわけだ。
 月給袋の中に鎮座される聖徳太子さま。ははっ~ の気持でしたね。
2010/02/03(水) 11:39:24 | URL | 車 寅三郎 #- [ 編集 ]
私の初任給は9万円台でした。
車 寅三郎様
コメントをありがとうございます。
確かに、昔の方がお金の価値は高かったですね。
私の初任給は、確か9万円台だったような気がします。
今、思うと信じられない金額ですよね。
まぁ、私の場合は丁稚みたいなものだったから、仕方がありません。
そのあとバブルの時代が来て、証券屋の若い姉ちゃんが、何十万も給料を貰って、ブイブイ言わせていたのが、悔しくて...。
そんな時代もありました。
2010/02/04(木) 01:49:20 | URL | 清貧おやじ #27oFWF9A [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://fishermans.blog84.fc2.com/tb.php/139-dc7980d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。