清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「第9地区」
第9地区
原題: DISTRICT9
監督:ニール・ブロンカンプ
2009年 アメリカ映画

district9

この映画は面白かった。
ある意味「アバター」より凄い!
非常に斬新な映画である。

特撮で人を集められた時代は終わり、
特撮技術が当たり前になった今、
エイリアン映画の新たな幕開けを感じさせてくれる作品だった。
これはSF映画の名を借りた、社会派ムービーだ。
ワールドカップサッカーが南アフリカで行われる年に、
公開されるというのも、 非常にタイムリーだと思う。

1982年、ヨハネスブルグの上空に巨大な宇宙船が突如飛来する。
普通のSF映画ならば、ここでエイリアンが攻撃を仕掛けてきて、
人類存亡をかけた大戦争になるのですが、
この映画は、そうではなかった。
宇宙船の中に居たのは、侵略者としのエイリアンではなく、
大量の宇宙難民だった。
政府は仕方なく、人道的に?エイリアン達を、
地上の「第9地区」という居住区に収容し、保護することにする。
隔離され、エイリアン達がそこで生活を始めて28年。
現在の「第9地区」は荒廃し、スラムと化してしまった。
そこで政府は、エイリアン達を新たな居住区
「第10地区」に移すことにするのですが...
といった、
まるで星新一のショートショートに出で来る様な展開の話。

映画は、その様子をドキュメンタリータッチで描いていく。
遠い異国の話だからなのだろうか、
宇宙船が浮かぶ風景は全く違和感無く、
景色として成り立っており、
出し惜しみ無く登場するエイリアン達も、
実際にに存在しているようにリアルである。
逆に終盤では、人間の横暴さの方が許せなくなってきて、
グロイと思っていたエイリアンが、
とても愛おしく見えてくる。
このあたりは「E・T」ぽい演出で、
グッと来るものがある。
得意のアクションシーンもあるが、
オマケに思える。
それくらいメッセージ性の高い映画でした。

人種差別問題をエイリアンに置き換えて表現した
見事なプロットと特撮、
世間的にはB級映画なんだろうが、
良くできた映画だと思います。

district9-2
↑これが噂のエビちゃん


★★★★☆

 

 

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://fishermans.blog84.fc2.com/tb.php/158-448a6011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
独創的なストーリーと、リアリティのある映像。ワクワクする展開でアクションシーンも見ごたえあり。風刺は利いているが笑いに嫌みがないスマートな社会派SFドラマ。
2010/04/18(日) 13:08:30 | 心をこめて作曲します♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。