清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「知多半島殺人事件」 西村京太郎
「知多半島殺人事件」
西村京太郎 1999年作

知多半島殺人事件


知多半島というタイトルに惹かれ、即、購入。
西村さん、知多半島を舞台にした小説も書いていたんですね。
嬉しいです。これは楽しみである。
西村さんの事だから、設定として、鉄道が使われるのかな。
となると名鉄常滑線かな?
1999年といえば、セントレアがまだ海港していないから、
JR武豊線が使われるのかな?
ワクワク。

ところがである。

タイトルに偽りあり!

である。

知多半島で殺人事件など起きないし、
それどころか、知多半島の描写すら
2.3ページしかありません。

そんなことはないだろう
最後はきっと知多半島に話が戻ってくるのだろうと
期待して読んでいたのですが、結局、
物語と知多半島は何の関係もありませんでした。

怒るでぇーー。ホンマに!

物語は、十津川警部に恨みを抱いた犯人が、
連続テロ事件を仕掛けて復讐するという話なのですが
内容は、そんなに悪くありません。
いつもの話と違って、爆弾が爆発するわ、銃を乱射するわで、
死傷者も沢山出る、派手な展開の話です。

しかし、今からでも遅くありません。
タイトルを変更して下さい。

あるいは、長島温泉での出来事を、
師崎か内海に訂正して下さい。

誰がどう考えても、オカシイです。
西村京太郎氏の名前に傷が付きます。
これは出版社の責任なのだろうか?

ヽ(`Д´)ノ




★☆☆☆☆


 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ     
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
そうでしたか
 そうでしたか、ありがとうございました。
 ぼくもタイトルに惹かれ買いそうになっていました。
 テキもなかなかやるもんです。
2010/09/09(木) 12:00:29 | URL | 車 寅三郎 #- [ 編集 ]
買わなくて正解です
車 寅三郎 様
コメントをありがとうございます。
そうですか、寅三郎さんも
この本を見かけたことがありましたか。
買わなくて正解です。
ある意味、ぼったくりです。
「知多半島殺人事件」は、
西村京太郎氏の汚点として永久に残るでしょう。
知多半島をバカにしています。
ふん。
2010/09/09(木) 21:29:13 | URL | 清貧おやじ #27oFWF9A [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://fishermans.blog84.fc2.com/tb.php/221-6b6d32e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。