清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「弥勒の掌」 我孫子武丸
「弥勒の掌」
我孫子武丸 2005年作

弥勒の掌


被害者の夫である教師と、刑事の視点で交互に話が進んで行き、
最終章が種明かしになっています。
なかなかニクイ構成で、
途中まで読むとラストが気になって仕方ありません。

読み終わってみると、あっけないラストでした。
解決していないエピソードも多々あるような気がしますが、
オチは見事です。
なかなか良く練って書かれています。

怪しげな宗教団体の実態に迫る部分は、
ぞくぞくするほど面白かったので、もっと長編にして、
この辺りの話を掘り下げて展開してくれたら、
尚一層、面白い作品になったような気がします。




★★★★☆





にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ      
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://fishermans.blog84.fc2.com/tb.php/357-1fe8d3c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。