清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ルームメイト」 今邑彩
「ルームメイト」
今邑彩 1997年作

ルームメイト


なかなか面白かった。
謎が謎をよぶ展開がスリリングです。
次につながる分かりやすい伏線が用意されていて、
読んでいて、実に楽しいです。
先が気になって、ページをめくる手が止まりません。
断片的な出来事が一つに繋がっていく様は見事です。

しかし、

最後の「文庫版あとがき」は必要ありませんでしたね。
それまで、せっかく小説の世界に浸っていたのに、
いい雰囲気が台無しです。

でも、そんな事を差し引いても、
良くできたサスペンス小説だと思いました。

最後にタイトルの本当の意味が分かります。

一気読み間違いなしです!





★★★★★





にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ      
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
Σo(*'o'*)oエ~エ~ッツ!!
謎が謎をよぶんですか?
一気読み間違いないんですね。
こんな本は、連休に読むに限りますね。
2012/01/07(土) 21:21:36 | URL | monalisa #- [ 編集 ]
monalisaさん
コメントをありがとうございます。
今邑彩と書いて、いまむら あや
と読みます。ちょっと読めませんよね。
この作者の本は初めて読みましたが、
なかなか面白かったです。
浅く広く多くの作家の本を読もうと思っています。
いろいろと調べて買いに行くんですが、
メモしておかないから、いざ本屋に着くと、
思い出せない事がちょっちゅうです。
2012/01/09(月) 00:42:45 | URL | 清貧おやじ #27oFWF9A [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://fishermans.blog84.fc2.com/tb.php/377-7c918812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。