清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「On the Beach」 ニール・ヤング

やっかいな仕事を引き受けてしまい、投げ出したい時にサボって聞きたくなる、そんな音楽です。
ギターを掻きむしるニール・ヤングのイメージとはかけ離れた、スローでけだるい虚無感に満ちたアルバムです。特にタイトル曲の「On the Beach」は、寄せては返す波のイメージが見事に表現されており、本当にピーチに居るような感じさせてくれる名曲です。
on the beach 1  on the beach 2
 しかし、リラックスは出来ない。歌詞は良く分からないが、聴けば聴くほど、無力感、深い絶望に落ち込んでいく感じになる曲です。でも、その感じが、たまらなく心に染みて、また聴きたくなる一曲です。
意味深で美しいジャケットも最高です。

 

↑ブログランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://fishermans.blog84.fc2.com/tb.php/40-8dab4232
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。