清貧おやじ
世の中、金のかかる事ばかり...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「失踪者」折原一
「失踪者」
折原一 1998年作

失踪者


なかなか読み応えのある本だった。
よく練られて書かれています。
よくもまあこんなストーリーを考えついたものだと思います。
著者は、よっぽど頭の良い人だと思います。
いつもそうですが、途中で分けが分からなくなります。
最後もスゴイです。
でもなんか
いつもそうなんですが
しっくりこないです。

それが氏の魅力なのかもしれません。




★★★★☆




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ      
 
↑ランキング参加中です。とりあえず押して下さい。

 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://fishermans.blog84.fc2.com/tb.php/413-4aa87b42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。